teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


募集終了のご案内

 投稿者:HRH事務局メール  投稿日:2011年 8月 3日(水)22時32分18秒
編集済
  各位

この度は、皆様のご協力を賜りまして、8/2をもって当該視察の参加受付を終了させていただきましたことを、ご報告させていただきます

来年以降については、旅行企画としての検討が出来ないか、現地からのアイデアもいただきながら、視察を通して勉強させていただきますので、今後ともご理解の程お願い申し上げますm(__)m
 
 

パンフレット(PDF)の配布について

 投稿者:HRH事務局  投稿日:2011年 7月 7日(木)13時35分2秒
  フォントがいろいろ混在するなどで、現在ご覧いただいているものがJPEGであるため、拡大が一定以上不可能となっております
画像の二次使用は無いと思っておりますが、使用している現時点のパンフレットのPDFファイルサイズが最大7MBとなりますので、出来るだけ多くの方に見やすい環境とするべく、ご理解いただきたいと思います

その上で、PDFで印刷したいという方がいらっしゃいましたら、お気軽にご連絡下さいませ
文字化けしないよう、全てアウトライン処理いたしますので、面倒な処理は不要です
どうぞよろしくお願い申し上げます!
 

人材育成に如何ですか

 投稿者:HRH事務局メール  投稿日:2011年 7月 2日(土)22時07分50秒
  まちづくり関連の事業を行っている諸先輩方から、貴重なご意見をいただきながら企画させていただいたのですが、一番関心を示されたのは、埋没しがちな地域資源の活用を行う人材が枯渇している現状をどのように打破するか、といった観点でした

今回の企画も、実際に動かしているのは地元の交通局ですから、その普段使い慣れた都市インフラを、観光でも利用する取り組みは比較的容易だと思うのですが、そのプロデューサーが居ない、という現実に直面してしまうという事です

近い話であれば、秋田県の由利高原鉄道などは、新聞によると「観光チャネルでは増収は難しい」というのが新社長の考え方のようです
では何が先ず無難か…  同社が第三セクターである事への強みを活かし、鉄道インフラ=恒久安定インフラとするなら、福祉に使わない手はないわけです
座席を年配の方が座りやすいシートにして、駅に新しい医療施設や温泉療養施設を作り、タクシー送迎で認定されている健康保険適用制度を鉄道定期にも導入する、といった案が当然出てくる事でしょう
単に鉄道が果たす役割は、「人を運ぶ」のではなく、「駅から既に目的の一部」である事に活路があるわけで、無機質で動産的なバス停とは違う、ホスピタリティを充分取り入れるインフラでなければならず、介在するコーディネーターも、ソフトインフラの一部でなければならないと思います

当企画では、行政実務者の研修なども受け入れております  異文化交流という程度の話ではなく、即地元で実践できる素地を提供できるのではないかと思っていますので、ご検討いただけましたら幸いです!
 

募集開始は7月1日からです!

 投稿者:HRH事務局メール  投稿日:2011年 6月 1日(水)00時18分2秒
編集済
  いつもHRHをご愛顧賜りまして、誠に有難うございますm(__)m

2009年に石川県の交通産業観光体験ツアーを企画、昨2010年は、小松市制70周年記念事業協賛で貸切列車475系を使用して長浜観光ツアーを企画させていただきました

いずれも暗中模索ではありましたが一定の成果と収支バランスを確保する事が出来ました
観光事業やまちづくり事業に民間レベルで必要な、経済費用対効果を学ぶ事になり、今後HRHが行える事は、より先進的なまちづくり、交通産業への理解を持つ地で研鑽を深める事ではないかと思い、今年企画させていただきますのが「ドイツ中部の鉄道視察」となります

ドイツの中部といいましても、今回視察させていただく地は、東西冷戦下の共産主義地域、いわゆる東ドイツが統治していた地域ですので、資本主義世界とのハードインフラ政策がそもそも異なります  これが逆手となって現在は観光資源としての見直しを図る機転の良さそのものが、ドイツから日本が学ばなければならない事でしょう

既成を越えて何が出来るか、日本を飛び出して体感してみませんか??
 

レンタル掲示板
/1