teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ビン越に淮水の間へ移れと、漢の武帝が、武夷山城村から住民が十万人いなくなった、紀元前111年前

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 8月14日(月)20時11分47秒
編集済
  淮水の間とは古くは「河」が黄河の固有名詞であったので、淮水(ワイズイ) ... 淮河水系の地図. また渦河・沙河・洪河など、華北平野の黄河より南を流れる川は、天井川である黄河に合流することができないため、南へ流れて淮河の支流になっている。

淮河(わいが、拼音: Huái Hé)は、中華人民共和国を流れる川の一つで、長江・黄河に次ぐ第三の大河。古くは「河」が黄河の固有名詞であったので、淮水と呼んだ。長さは1,078km、流域面積は174,000平方kmに及ぶ。 淮河は、黄河と長江の間を東西に流れる。

黄河と長江の間を、同じように西から東に流れる川。淮水とも言う。もともと中国の黄河流域=華北と、長江流域=江南の境界線であったが、特に金と南宋の争いの説きに、1142年の紹興の和で国境線とされた。

長江(揚子江),黄河,淮水(わいすい),済水を数える。四瀆は古くから神としてまつられてきた。
淮水又流經義陽縣老城南邊, ... 漢武帝元狩四年(前一一九〕,把這地方封給北地都尉衛山,立爲侯國,有九渡水注之。

東越滅亡. 武帝元鼎五年(紀元前112)南越が反乱を起こした。 東越王 すう ... 漢ではこれを快諾し、共に軍を進めることにした。 しかし すう 餘善は海の波風が ... 東越の人民をすべて江水・淮水の間の地に強制移住させた。 これにより東越の地は無人に ...

武帝は東越の滅亡を喜び、元のよう王すう居股を東成侯に封じ一万戸を与え、

すう居股と共にすう餘善を殺した敖は開陵侯となった。

東越国衍侯であった呉陽は、領内の700人を率いて東越に背き

東越軍を攻撃した功績で外石侯となった。

また東越の将であった多軍は、漢軍が到着すると戦わずして降伏したので無錫侯に封じられた。


武帝は「東越は土地が狭く険阻な要害が多く、人々は剽悍でしばしば裏切る。」と言い

東越の人民をすべて江水・淮水の間の地に強制移住させた。

これにより東越の地は無人になったと史記は伝える。http://kanso.cside.com/touetsu05.htm

前漢武帝の頃の人、司馬遷(しば・せん。 ... 史記』は、「左国史漢」と呼ばれるように、『左氏伝』『国語』『史記』『漢書』と並び称され、中でも『史記』『漢書』は史書の首位に置かれました。 .... 長江・淮水・ 水・湘水を渡り、呉・会稽・長沙・武陵などを旅する。

司馬遷の「史記」は、黄帝に始まり、漢の武帝に至るまでの中国の歴史を記しています。
勾踐は呉を滅ぼした後、淮水を渡って、斉、晋などの諸侯と徐州で会盟、周に貢ぎを献じ、伯(爵)の地位を与えられました。

女媧氏も庖犠(伏犠)氏と同じ蛇身人首の姿を持ちます。その次の炎帝神農氏は人身牛首と表されました。呉人、越人の渡来した日本にも、これと同型の伝承が残っており、その痕跡を常陸国風土記に見ることができます。

淮安の歴史沿革 淮安市の境界線は古淮河の両岸に跨って、噂によると、大禹は曾て当境界に洪水を治まりに来て、「淮水を永く安定にしている」そうで、市名は、つまり淮水安定という意味である。

西漢武帝元封元年. 楼船将軍楊僕が東越を攻め、駱余善が部下に殺される。 東越の民は長江と淮水の間に遷され、その地は空白となる。 この戦いを『中国歴代戦争年表』からです。 漢・東越 武林・梅嶺の戦い(後). 元封元年(前110年)

司馬遷年表

前126年

20歳

この年から数年間かけて中国各地を旅行し、父が「史記」を著作することに協力するため準備作業を進めている。長江・淮水・ 水・湘水を渡り、現在の浙江省・紹興や山東省の孔子のゆかりの地などを旅する。また、劉邦と項羽が戦争した遺跡などを訪ねる。


前123年

23歳

試験でいい成績をとり、郎中として抜擢され、武帝に仕える。


前122年

24歳

父司馬談が「史記」を編纂し始める。


前111年

35歳

郎中将の身分で皇帝の特使を努め、現在の四川省や雲南省に赴き、西南部の少数民族を鎮撫し、5つの郡を設置する。

武帝は敵軍に投降した裏切り者を弁護するのは、朝廷に反対する行為として、司馬遷を投獄しました。死刑を宣告されましたが、漢の時代は、死刑を逃れるため、宮刑、つまり去勢手術を受けるという方法がありました。司馬遷は歴史書を書くため、屈辱の宮刑を受け入れました。 http://japanese.cri.cn/941/2012/07/09/141s195347.htm

漢の武帝はさらに積極的に西域進出を進め、それまで首根っこを押さえつけられていた大敵匈奴を圧倒し、ついに西域の .... 魯公伯禽(ろこうはくきん)が東夷・淮夷(わいい、淮水流域にいた原住民)・徐夷(今の徐州あたりにいた)などを討った。





 
 

天照大神、穴(むち)は、太陽は東になり、貴重とされた 

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 8月 9日(水)14時44分25秒
編集済
  穴門、穴戸の「穴」 とは風水の穴(ケツ) である。

川でいえば三角州の事を表し、越人によって、なづけられた。
吉備穴戸武媛[人名]
つまり穴(むち)とは女を表す。

天照大神、穴(むち)は、太陽は東になり、貴重とされた。

特に宇佐の神々三神は、女神穴(むち)の事を表す。児島宮歴研会著作権アリ

岩清水八幡は宇佐から勧請した、女神穴(むち)の事を表す。

亦名謂大穴牟遲神, 亦名謂大穴牟遅神, またのナはおほなムヂのかみといひ ... 211, 及穴戸神, 及穴戸神, またあなどのかみを ... 大穴牟遅神のアナのナは『万葉集』の大汝という訓から貴方という意の「汝(なむち)」という意味がある。

おおなんじ‐こなんじ〔おほなんぢこなんぢ〕【大汝小汝】 の意味
相手を指す言葉ですね。貴方とかお前というのと同じで、古い言葉です。

大汝命(おおなもちのみこと). 大国主神(おおくにぬしのかみ)の別の名前。
大己貴命. (おおなむちのみこと). 大国主神(おおくにぬしのかみ)の別の名前。八幡女神。

故事・ことわざ, 読み方. 艱難、汝を玉にす, かんなん、なんじをたまにす. 爾汝の交わり, じじょのまじわり. 汝自身を知れ, なんじじしんをしれ. 汝の敵を愛せよ, なんじのてきをあいせよ. 汝の隣人を愛せよ,

「汝」を含むことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語
艱難汝を玉にす(かんなんなんじをたまにす)

豊玉姫と玉依姫、穴(むち)
 

漢民族は頭を西に向けてほうむる九州民族漢民族である

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 8月 9日(水)14時41分2秒
  紀元前五十年前に神武東征岡山に三年、軍を整えて、奈良に遷都する。
考古学者や文部科学省は五世紀後半から、朝鮮説詐称をし、原始時代から、弥生?は、架空としている。

北部九州の遺跡はすべて、紀元前五十年前までで、終了している、残ったのは、しもべ、で、軍は、いなくなって、祭りは、天皇がおこなっていて、土器製造は、途絶えている。


(『論語』 為政 .... け (= 「臨終授戒」)、 右脇を地に顔面を西に向けて臥せる。児島宮歴研会

黄河文明の担い手として自負する現代の黄河中流域の人たちが(漢民族)
黄河文明の担い手現代の黄河中流域の人たちが(漢民族)
頭を東に向けて埋葬されるのとは対照的である。
 

中国・漢代に普及した長方形板状のすずりの一部

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 7月26日(水)13時22分42秒
編集済
  福岡・筑前町で出土の石片  弥生時代のすずり

福岡県筑前町の中原遺跡で出土し、砥石(といし)と考えられていた石片が、弥生時代後期初頭(1世紀)のすずりの破片とみられることが国学院大の柳田康雄客員教授(東アジア考古学)の調査で分かった。弥生時代のすずりは西日本の日本海沿岸域で計3点確認されているが、内陸部での発見は初めて。すずりを倭人(わじん)が使っていた可能性があり、柳田さんは「文字文化は意外に普及していた」と話す。

中原遺跡は同町の拠点集落跡・東小田峯遺跡の近くにある。石片は長さ9・4センチ、幅7・4センチ、厚さ0・69センチ。1990年度の発掘調査で竪穴住居跡から出土し、砥石として報告された。今年3月に再鑑定した柳田さんが、中央部に擦った跡とみられる楕円(だえん)形のくぼみを確認し、すずりと判断した。墨の付着は確認できなかった。中国・漢代に普及した長方形板状のすずりの一部とみられる。https://horubai.jp/content/nnp_news/99
これで夜須の遺跡年代が、固定した。

3世紀の中国の史書「魏志倭人伝」は、前漢が朝鮮半島北部に置いた楽浪郡の使者が、北部九州の伊都国に滞在して外交文書を作ったと伝える。この記述を裏付けるように、伊都国の王都だったとされる福岡県糸島市の三雲・井原遺跡で弥生時代の1~2世紀のすずりの破片が2点出土。松江市の田和山遺跡でも1点見つかっている。

=2017年7月3日付 西日本新聞朝刊文化面=

松江市は、神武期に岡山を起点にしていた、時期か?

福岡県筑前町の中原(なかばる)遺跡で、竪穴住居跡から見つかった石片が弥生時代後半のすずりとみられることが23日、分かった。柳田康雄国学院大客員教授(考古学)が桜井市纒向学研究センター(奈良県)の研究紀要「纒向学研究」で報告した。

福岡県筑前町の中原遺跡から出土したすずりとみられる石片
外交文書に使用?弥生時代のすずり発見 筑前町の中原遺跡 国産可能性もhttp://www.sankei.com/region/news/170625/rgn1706250010-n1.html
外交文書に使用?弥生時代のすずり発見 筑前町の中原遺跡 国産可能性も
福岡県筑前町の中原遺跡で、竪穴住居跡から見つかった石片が弥生時代後半のすずりとみられることが、分かった。柳田康雄国学院大客員教授(考古学)が桜井市纒向(まきむく)学研究センター(奈良県)の研究紀要「纒向学研究」で報告した。

柳田氏によると、中央部に擦り跡とみられる浅いくぼみがあることから、破片ではなく、ほぼ完形品のすずりとみている。

柳田氏が今年3月に再鑑定したところ、石の形状や、厚さが一定であること、両面が平らに研磨されていることなどからすずりと判断した。中国・前漢が朝鮮半島支配のために設置した「楽浪郡」製よりも色が薄く、国内製の可能性もあるという。

中原遺跡は弥生時代の集落遺跡。すずりは平成2年度の調査で出土したが、砥石として報告されていた。

朝倉郡筑前町は国際都市だった

2017年7月3日付けの西日本新聞。
1世紀のものというので、
卑弥呼より200年ほど前のことになります。http://lunabura.exblog.jp/26789759/
朝倉郡筑前町東小田2062にある
JA筑前あさくら平成カントリーエレベーター南側

だそうです。

2017/07/13 - 投稿  夜須町と日本の古代 児島宮考古学研究室 - TeaCup
夜須、焼の峠古墳、七板、峰遺跡、三輪栗田から出土した土器が一致して、丹塗り祭祀土器から、四世紀、説が、もっと ...... 前原の遺跡の硯の年代も、弥生時代前期(2100年前頃)である事が前原教育委員会が、改め、遡る事が、、判りました。

2016/04/08 - 日本人について、調べている内に、今年一月から、調査再開の福岡県朝倉郡夜須の下高場の小隈窯から、須恵器のミニチュア ... これでようやく、北部九州の遺跡が、漢の武帝が開いて紀元前百年前の、帯方郡時期と、重なり合い、夜須開始  日本人は何処からやってきたのか、未知です、児島宮歴研会だけが知るhttp://blog.livedoor.jp/kojimalekiken/archives/5204667.html

東小田峯遺跡で前漢鏡や土製鋳型が出土しており「この地域は伊都国や奴国のような先進地域と同じ歩調で発展していた」と柳田さん。新たなすずりの発見は文字文化の受容にとどまらず、北部九州の弥生社会の様相を知る手掛かりになりそうだ。

調査結果は、奈良県の桜井市纒向(まきむく)学研究センターの紀要「纒向学研究」に掲載された。

福岡県筑前町の中原遺跡で、竪穴住居跡から見つかった石片が弥生時代後半のすずりとみられることが、23日分かった。柳田康雄国学院大客員教授(考古学)が桜井市纒向学研究センター(奈良県)の研究紀要「纒向学研究」で報告した。弥生時代のすずりは松江市の田和山遺跡で1個、福岡県糸島市の三雲・井原遺跡で2個出土しており、4例目。

 都から離れ渡来人との関わりが薄かったとみられる集落でも出土したことで、柳田氏は「倭人がすずりを使って文書を作り、外交もしていた可能性がある」としている。http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20170623000099

https://www.google.co.jp/search?q=%E7%AD%91%E5%89%8D%E7%94%BA%E4%B8%AD%E5%8E%9F%E9%81%BA%E8%B7%A1%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%99%E3%81%9A%E3%82%8A%E3%81%8C&ei=aN-CWaj4BozH0gTLiKbIAg&start=10&sa=N&biw=1469&bih=963




 

日本人は中国福建省中華越人等が渡来した

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 7月 7日(金)12時58分18秒
編集済
  紹興市に位置し、浙江省、山東省臥龍の南には、彼らは名前の「山のようなものを。」 その後紹興公式ここで機関もされているので、それは「山の家」に自分の名前を変更されていました。

一対の獅子は非常に古いです。 古代の松やヒノキの周りだけでなく、松の化石唐や宋王朝があります。

越遺跡はカン江区に位置しており、 白沙町、馬ヤン古代の山の家。  「あなたヤンズヒ・シャン」の記録

すべてのワイ人(今福州)

南福州、福建省の位置。 伝説によると、
  「 三つの山のカイ 」の思想全てのない彼らの土地である中国の書物によって、変位が残ります。
越王台から越王殿までは、歩いてすぐです。山の中腹に越王殿はあります。 越王殿という建物は、その名の通り、越王の宮殿です。
http://www.e-asianmarket.com/asia/shaoxing42.html

「古越龍山」名前の由来
紹興は、中国の中でも古い歴史を持つ
その中のひとつに挙げられるのが越王台。越王・勾践(こうせん)が築いた都の跡だ。

勾践といえば、呉王・夫差(ふさ)との間に繰り広げられた戦いを思い起こすだろう。勾践は1度夫差に破れるが、臥薪嘗胆の末に越国を復興させたことで知られている。『古越龍山』はこの故事にちなんで名付けられた。
越王殿与越王台



邪馬台国は何処か?邪馬台国の標語の、まちがい

邪馬台国とは?越王台と越王殿の2つのみである。 をもって、都となす。 邪馬台国とは?越王台(神殿)を、築いて、越王の祖、禹を、後胤(天子)が、まつる、事。 熊野は、神武が建て、伊勢は垂任が建て、備後児島の熊野は、児島高徳が建て、

日本での、てんのうとは、勾践末裔、ビン越王、丑王(うがや)末裔、児島高徳の末裔を、中華の天皇という。

天皇は、血のつながり、家庭でいえば、祖父、親、子、でもって、つながりを、表す。
明治以降の天皇は、女真族「満州族」朝鮮で、天皇の名だけであり、事実天皇ではない。天皇は越王だけで、女真族「満州族」韓国、朝鮮とは無関係。
明治革命で、すり替えたもの。 日本名の在日韓国北朝鮮人、の事と同じ、皇室、天皇は、真実の天皇ではない、また宮家でも無い。



太平記巻第四 (その二)
備後三郎高徳事付呉越軍事
其比備前国に、児嶋備後三郎高徳と云者あり。主上笠置に御座有し時、御方に参じて揚義兵しが、事未成先に、笠置も被落、楠も自害したりと聞へしかば、力を失て黙止けるが、主上隠岐国へ被遷させ給と聞て、無弐一族共を集めて評定しけるは、「志士仁人無求生以害仁、有殺身為仁。」といへり。されば昔衛の懿公が北狄の為に被殺て有しを見て、其臣に弘演と云し者、是を見るに不忍、自腹を掻切て、懿公が肝を己が胸の中に収め、先君の恩を死後に報て失たりき。「見義不為無勇。」いざや臨幸の路次に参り会、君を奪取奉て大軍を起し、縦ひ尸を戦場に曝す共、名を子孫に伝へん。」と申ければ、心ある一族共皆此義に同ず。「さらば路次の難所に相待て、其隙を可伺。」とて、備前と播磨との境なる、舟坂山の嶺に隠れ臥、今や/\とぞ待たりける。臨幸余りに遅かりければ、人を走らかして是を見するに、警固の武士、山陽道を不経、播磨の今宿より山陰道にかゝり、遷幸を成奉りける間、高徳が支度相違してけり。さらば美作の杉坂こそ究竟の深山なれ。此にて待奉んとて、三石の山より直違に、道もなき山の雲を凌ぎて杉坂へ着たりければ、主上早や院庄へ入せ給ぬと申ける間、無力此より散々に成にけるが、せめても此所存を上聞に達せばやと思ける間、微服潛行して時分を伺ひけれ共、可然隙も無りければ、君の御坐ある御宿の庭に、大なる桜木有けるを押削て、大文字に一句の詩をぞ書付たりける。
天莫空勾践。時非無范蠡。
御警固の武士共、朝に是を見付て、「何事を何なる者が書たるやらん。」とて、読かねて、則上聞に達してけり。主上は軈て詩の心を御覚り有て、竜顔殊に御快く笑せ給へども、武士共は敢て其来歴を不知、思咎る事も無りけり。




 

天人相関説(てんじんそうかんせつ)

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 6月17日(土)12時28分55秒
編集済
  中国思想用語。天人感応説ともいう。人事と自然現象 (天) との間に対応関係があり,人間の行為の善悪が自然界の異変 (吉祥や災異) を呼起す,という思想。

人事のうち,特に政治のよしあしが天に感応して天変地異の現象となって現れると説く。天人の相関は陰陽二気の原理によって,たとえば,天と人とにそれぞれ陰陽二気があり,人の陰気が動けば天の陰気が応じて動く,というように,相互の陰陽が感応し合うからである,と考えた。災異説 (→災異思想 ) は天人相関説の一種である。

中国古代の世界観・政治思想の一。人間の行為や政事(人事)と自然現象(天事)との間には密接な関係があるとする説。あらゆる事象に天と人との相関関係を説き、特に漢代において支配的な政治思想として機能した。

これで今の国会や憲法が、相似しているか、いないか、見えている。
中国の思想上,天(自然)と人(人事)とには対応関係があるとする説。
春秋戦国期には天に関する多様な見解が提出され,それらはすでに漢以後の天の思想史を先取りしている。
朱子学でいう〈天理を存し人欲を去る〉という命題もひとつの天人合一論ということができる。朝日新聞

一神教として同じことは同じ神を信じていて終末思想を信じていること、違うことは預言者が違うということである。

日本と中国の相関、朝鮮は単独

日本と中国の相関は福岡県朝倉の、児島宮に置かれている、日本の歴史と中国とも相関している。

兼与日本相関制度的比較
中日両国の出自知識と系譜記録法の間に一連の差異が存在する
(実際、両国の歴史上、形式が非常に近似した系図や譜牒が存在してきた。)




 

罰をあたえる主がなければ、道徳がまもられぬという。不干斎

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 5月 5日(金)17時00分49秒
  日本の主審とは

「天」との関係において心のあり方を問う。

「善悪の知識の木の果実」)を食べて正理に. 背いた

(「人ナラバ人ノ後生ヲ扶ルコトハ曾以叶ベカラズ)、第二に、「善悪不二」といい、罰をあたえる主がなければ、道徳がまもられぬという。

『妙貞問答』三巻は、上巻(『仏法之次第略抜書』として今日伝わるもの)に仏教を批判し、中巻に儒教・神道を斥けて、下巻にキリスト教の教義を説く。仏教批判の要点は、第一に、釈迦や阿弥陀は人間であり、人間は人間を救い得ないということ(「人ナラバ人ノ後生ヲ扶ルコトハ曾以叶ベカラズ)、第二に、「善悪不二」といい、罰をあたえる主がなければ、道徳がまもられぬということ(「現在ノ作法モ、上ニ恐ルベキ主ヲ知ラザレバ、道ノ道タルベキ様モナシ」)である。

天下の善悪は舌三寸の囀(さへづ)るにある

不干斎ハビアンの書

児島宮の祖先不干斎

罰をあたえる主がなければ、道徳がまもられぬという。不干斎

儒道については、天地万物の起源に触れ、万物には初めがあり、初めは自ら生じるはずがない(「他ノ力ニヨラザレバ生ジサフラハヌゾ」)として、陰陽から万物が生じるという説明は、陰陽が何から生じたかを説明しない、と論じる(「其天地陰陽ハ何クヨリ生ジタルト思イ玉フヤ」

自分の悪を羞じ他人の悪を憎む羞悪の心、目上にへりくだり譲る辞譲の心、正しく善悪の判断を下せる是非の心という、四つの善なるものへの傾向性ないし萌芽であるとされる。これは四端と呼ばれ、この四端は良心とも呼ばれた。この心は天から生まれつき与えられたものなので、尽心すなわち心をきわめ尽せば、天がいかなるものかがわかるともいう。

性善説(せいぜんせつ)とは、人間の本性は基本的に善であるとする倫理学・道徳学説、特に儒教主流派の中心概念。人の本性に関する考察は古今東西行われてきたが、「性善説」ということばは儒家のひとり孟子に由来する。




「天」との関係において心のあり方を問う。

「善悪の知識の木の果実」)を食べて正理に. 背いた

(「人ナラバ人ノ後生ヲ扶ルコトハ曾以叶ベカラズ)、第二に、「善悪不二」といい、罰をあたえる主がなければ、道徳がまもられぬという。

『妙貞問答』三巻は、上巻(『仏法之次第略抜書』として今日伝わるもの)に仏教を批判し、中巻に儒教・神道を斥けて、下巻にキリスト教の教義を説く。仏教批判の要点は、第一に、釈迦や阿弥陀は人間であり、人間は人間を救い得ないということ(「人ナラバ人ノ後生ヲ扶ルコトハ曾以叶ベカラズ)、第二に、「善悪不二」といい、罰をあたえる主がなければ、道徳がまもられぬということ(「現在ノ作法モ、上ニ恐ルベキ主ヲ知ラザレバ、道ノ道タルベキ様モナシ」)である。

天下の善悪は舌三寸の囀(さへづ)るにある

不干斎ハビアンの書

児島宮の祖先不干斎

罰をあたえる主がなければ、道徳がまもられぬという。不干斎

儒道については、天地万物の起源に触れ、万物には初めがあり、初めは自ら生じるはずがない(「他ノ力ニヨラザレバ生ジサフラハヌゾ」)として、陰陽から万物が生じるという説明は、陰陽が何から生じたかを説明しない、と論じる(「其天地陰陽ハ何クヨリ生ジタルト思イ玉フヤ」
 

同姓不相娶(*同姓相娶らざる)は、周禮のみ然りといへり

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 5月 4日(木)15時19分0秒
編集済
  此三つの理は、天が下 知 しろ しめす、上なき御寶なれど、周の道も 昭 穆 【昭王穆王】より衰へたるが如く、いつとなくやう\/疎かになり、いとも畏き .... 三月の 服 ぶく 【忌服】は、 夏后氏 の禮にして、同姓不相娶(*同姓相娶らざる)は、 周禮 のみ然りといへり。

世の亂るるは、いつとても男女をとこをんなの道正しからざるより起れり。人々の云へることなれども、實に知る人少なし。

「三種みくさの御おほん寶は、天地開けし始より、御寶によそへて、三つの理を傳へ給へる。」

「仁うつくしみ、明かに、武し。」といへる他はあるまじ。此三つの理は、天が下知しろしめす、上なき御寶なれど、周の道も昭穆【昭王穆王】より衰へたるが如く、いつとなくやう\/疎かになり、いとも畏き天日嗣あまつひつぎ【後鳥羽天皇(*ママ)】の、隱岐の國に幸あそび給ふにいたりては、冠裳倒しまに置き、この御寶隱れさせ給ひて、上下かみしも安き事なく、戰國の世とはなれりける。されど、天の運行めぐりの絶間なく、雲霧くもきりのあとたえ、照日と共に、三つの御寶また世に顯れ給ふより、今の世とはなりたり。「聖の御時は知らねど、『鎖とざさぬ御代』と、唐土人の言傳へしも、かくこそあらめ。」と有難くおぼゆ。「されば、此御寶の顯れ給ふも、また隱れさせ給ふも、上かみつかたの御責おんせめなれば、『其理を盡させたまへかし。』と、祝ひ祈りおもふ。」と、或人の語りき。

都ありても鄙ゐなかなければ、其國立ち難きが如く、中國ありても夷狄なければ、生育の道普あまねからず。

同姓不婚とは、『礼記』に「妻を取(めと)るには同姓を取らず」(曲礼上)と明記されているように、同姓の者同士の結婚を禁ずるもので、古代 ... 白虎通義』はその理由を、「同姓を娶らざるは、人倫を重んじ、淫泆を防ぎ、禽獣と同じきを恥ずるなり」(嫁娶篇)という。

姓不婚(どうせいふこん)は、同姓の者を一族の者と擬制し、その者との結婚を禁止する中国の制度。違反した場合の刑罰もあった。 古代の夏王朝や殷王朝では族内婚に対して特に規定はなかったと伝えられている

日本人は中国福建省中華越人等が渡来した 児島宮考古学研究室 .... 礼をもって固(かた)めとなし、仁をもって勝(しょう)をなす。 ... 三月の服ぶく【忌服】は、夏后氏の禮にして、同姓不相娶(*同姓相娶らざる)は、周禮のみ然りといへり。

周王朝以降は長らく同姓婚は忌み嫌われた。男性同性




 

「夏」という称号は、「華夏」「諸夏」などと熟して「中華」文化を共有

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 4月25日(火)18時24分7秒
編集済
  夏后氏. かこうし. 夏王朝をいう夏の禹は初め、夏伯に封ぜられ、後に舜のゆずりを受けて天子となり、国を夏と号し、また、夏后氏という。

東越列伝54 越王句践の子孫は、漢の時代になって?越、東甌に別れていた。呉楚七国の乱のおり、東甌は、一時は呉王?に組したが、形勢不利となると?を切った。武帝は、その後東甌全住民を江・淮の間に住まわせた。さらに楊僕に?越の地で東越王と称していた余善を殺して東越を滅ぼし、住民を東甌同様にしたため、同地は無人の地になったといわれる。

古代の神や官職の名前には、后土(地神)や、后稷(農官)などの使用例がある。
[后]は通常、男性と受け取られている

司馬法:天子之義第二
天子の義は、必ず純(もっぱ)ら法を天地に取りて、先聖(せんせい)に観(み)る。士庶(ししょ)の義は、必ず父母に奉(ほう)じて、君長(くんちょう)に正す。
ゆえに明君(めいくん)ありといえども、士(し)、まず教えずんば用(もち)うべからず。古(いにしえ)の民を教うるは、必ず貴賤(きせん)の倫経(りんけい)を立て、相(あい)陵(しの)がざらしむ。

徳義、相(あい)踰(こ)えず、材技(ざいぎ)、相(あい)掩(おお)わず、勇力(ゆうりょく)、相(あい)犯さず。ゆえに方(ほう)同じくして意和(わ)するなり。
古(いにしえ)は国容(こくよう)、軍に入らず、軍容(ぐんよう)、国に入らず。ゆえに徳義は相(あい)踰(こ)えず。上(かみ)、伐(ほこ)らざるの士を貴ぶ。

伐(ほこ)らざるの士は上(うえ)の器(うつわ)なり。いやしくも伐(ほこ)らざれば、すなわち求むることなし。求むることなければすなわち争わず。

国中(くにじゅう)の聴(ちょう)、必ずその情(じょう)を得(え)、軍旅(ぐんりょ)の聴(ちょう)、必ずその?(ぎ)を得(う)。ゆえに材技(ざいぎ)、相(あい)掩(おお)わず。命(めい)に従いて士たれば上賞(じょうしょう)あり。

命(めい)を犯して士たれば上戮(じょうりく)あり。ゆえに勇力(ゆうりょく)、相(あい)犯さず。すでに教えをその民に致(いた)し、しかるのちに謹しみ選んでこれを使う。
事(こと)極めて修まれば、すなわち百官給(きゅう)す。教え極めて省(せい)なれば、すなわち民(たみ)、良(りょう)に興(おこ)る。習貫(しゅうかん)成れば、すなわち民(たみ)、俗を体(たい)す。

教化(きょうか)の至りなり。古(いにしえ)は奔(はし)るを逐(お)うこと遠からず、綏(しりぞ)くを縦(お)うこと及ばず。
遠からざればすなわち誘(いざな)い難く、及ばざればすなわち陥(おとしい)れ難し。礼をもって固(かた)めとなし、仁をもって勝(しょう)をなす。
すでに勝つの後(あと)、その教え復(ふたたび)すべし。ここをもって君子、これを貴(たっと)ぶなり。

〔通釈〕
御三家が、自家の祭礼で天子の音楽である雍を歌わせてしめくくった。これに対して孔子は、「雍の詩に、祭を助けるのは天下の諸侯、天子は奥床しく控えておられる。とあるが、雍は天子の祭だけに歌われるものである筈なのに、御三家は一体何様のつもりになっているのだろうか!?」と云った。
子供論語  〔意訳〕
家老(かろう)の御三家(ごさんけ)が、ご先(せん)祖(ぞ)様(さま)の法事(ほうじ)の際(さい)に、王様(おうさま)の歌(うた)である雍(よう)という音楽(おんがく)でしめくくった。これに対(たい)して孔子(こうし)様(さま)は、「雍(よう)の音楽(おんがく)は王様(おうさま)だけに許(ゆる)されるものなのに、どこまでうぬぼれたら気(き)が済(す)むのだろうか?」とおっしゃった。


中国では古来マツは尊ばれ、『論語』には、夏(か)王朝がマツを社(やしろ)の木(神木)として扱ったように書かれ(「.社.夏后氏以松」)、また厳寒に緑を保つマツを特別な木としてとらえていた。

三月の服ぶく【忌服】は、夏后氏の禮にして、同姓不相娶(*同姓相娶らざる)は、周禮のみ然りといへり。 一つをあげて其他を知るべし。




 

夏王朝の都が会稽の安邑であった事から、華夏民の土地が開花したのが、天孫降臨開始となっていた

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 3月 8日(水)12時01分18秒
編集済
  山東省新泰に、更に昌楽、安丘と都城
安丘市(あんきゅう-し)は中華人民共和国山東省濰坊市に位置する県級市。
越的后裔,国君?姒姓越国前期的核心?治区域主要在浙江??、?阳、??和??周?地区,其早期都城即在?区域内迁移。
山東省濰坊市安丘市
大汶口?址位于中国山?省泰安市岱岳区大汶口?大汶河畔,是一?新石器?代?址,1982年被列?第二批全国重点文物保??位。https://zh.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%B1%B6%E5%8F%A3%E9%81%97%E5%9D%80#/media/File:National_Museum_of_China_2014.02.01_14-57-21.jpg
安丘の歴史とバック春と秋の期間

夏と殷王朝はするハント注ぐ国の土地を。  [2]

周属Chunyu国 。 チー、チュー、チ三国に属する春と秋の期間の領土。 ほとんどは、戦国時代チーに属します。
漢王朝 8年(紀元前199)、ルールムーシャンノース、チャン風水、一般的な安丘李侯(侯)、言っウェン川南岸は、安丘の名前の初めから持っている。

福建省会稽安邑、で、これが大切。 日本といえば、?倭人、華夏(夏后)が基本。 邪馬台国=越王台 越王台
安邑県(あんゆうけん)

竹書紀年』(古本・今本)によると冀(陽城)を都にしたとありますが、その他にも平陽、安邑、晋陽が都になったという説があります。安邑から .... 春、帝禹が東巡(または「南巡」)して会稽で諸侯と会盟し、遅れて来た防風氏を殺しました。

ゆうガオ八尾の生活
今、風の、王の先祖、また王風水として知られている
安邑,祀会稽礼也。
建都于安邑(河南安阳),死后葬于会稽(浙江??)。之后,大禹的儿子夏启建立了夏朝。
夏の王朝時代の首邑は、河南省中央部の陽 (いまの禹県)であるとか、山西省南西部の安邑であるとかの説もあるが、複数の首邑で ..... 北方の匈奴は夏后氏の後裔と伝え、江南に興った越も夏后帝少康の庶子無余が会稽に封じられたのが起源といわれる。
舜都蒲坂,禹都安邑
?、舜、禹三代文明的?祥地都在今山西晋南地区,?都平阳在今?汾市,舜都蒲坂

禹,姒姓,夏后氏,名文命,后世尊称禹王,是黄帝??氏玄?,定都于安邑(今山西夏?)。??被封?夏伯,史称伯禹、夏禹。 ... 禹死后安葬于会稽山上(今浙江??市南),仍存禹?、禹陵、禹祠。从秦始皇?始?代帝王大都来禹陵祭祀他
伝説の古代部族同盟の指導者。 また、「ゆう」、「ゆう」として知られている「栄ゆう。」

禹正式即王位,居住在阳城,一?以平阳?都城(或在安邑或在晋阳)国号夏。分封丹朱于唐,分封 ... 禹在位的第十年?行,到了会稽后去世(竹??年??四十五年),皇甫???禹享年一百?左右。禹去世后,其子启?
禹去世后,其子启?夏朝天子位。根据史???,禹?位于自己的儿子启,改?了原始部落的禅?制,??中国近四千年世?的先河,中国?史上的“家天下”,从夏朝的建立?始。

姒启,也称夏启、帝启、夏后启、夏王启,他是禹的儿子,夏朝的第二任君王,前1978年~前1963年在位。其母是涂山氏族的女子。儿子至少有五人,其中有太康及中康。根据《竹??年》,帝夏启王在位39年,?78??崩。

禹死后,启通?武力征伐伯益,将其??后?位,成?中国?史上由“禅?制”??“世?制”的第一人,自此,宣告原始社会?束,?始了奴隶社会,启是??上被公?的中国第一个帝王。他放弃阳翟,西迁到大夏(今汾?流域),建都安邑(今山西夏?西)。此后,又通?甘之?,???有力的有扈氏,消除了?夏族内的反??力。在位?期,?生了武?之乱,以至政局??。他一生?奢淫逸,最?病死,葬于安邑附近。

相?禹本来要按照禅?制?位?皋陶,皋陶早亡,就决定??皋陶子伯益。史籍??:“禹子启?,天下属意焉。及禹崩,?授益,益之佐禹日浅,天下未洽。故?侯皆去益而朝启,曰‘吾君帝禹之子也’。于是启遂即天子之位,是?夏后帝启。”

禹死后启按照?舜禅?和舜禹禅?的?例避位,?伯益作君主。?果却是?侯也离?伯益的根据地到启的根据地,臣子和人民也支持启,所以启即位。武?天改国号周?,追尊启??圣皇帝。

此后,世?制代替了禅?制,“公天下”?成了“家天下”。

一、父

禹:世称大禹,本名姒文命,夏朝?国君主

二、子

?子:太康

次子:元康

三子:伯康

四子:中康,一作“仲康”

五子:武?



東?人,曾任会稽郡(治今浙江??市)


周の武帝の母は夏后、女以(じ)王の女である

中華の「華」は、古代には「夏」と同じ意で用いられた。
「夏」とは、中国最古の王朝の名称。

殷に、廃されたが、夏王朝七代の無予が越国、祖となっていたのが、今の日本を開化した、ビン越丑王がウガヤとなり、紀元前百十一年前に、漢の武帝に、廃され、十万人を引き連れ、筑紫に着き、その地を夜須となづけ、
都を城築き、夏后祭器を、開始し、紀元前五十年前、磐余彦が、岡山に四年滞在し、兵を整え、奈良田原に遷都した。

夜須の名由来となったのは、
夏王朝の都が会稽の安邑であった事から、華夏民の土地が開花したのが、天孫降臨開始となっていた。
 

華夏人が福岡県朝倉郡夜須へ渡来

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 2月23日(木)19時03分11秒
編集済
  華夏人が福岡県朝倉郡夜須へ渡来していた、河川の川辺祭祀は、朝鮮ではなく、福建省から移動してきた、華夏人の生活の照合で確認できた。

筑紫夜須の華夏人の福建省武夷城村のビン越丑王が、渡来して、紀元前百十一年に、鳥巣されて、いたのが地名の鳥巣に原因していた。 井原遺跡、 ..... 福岡県朝倉郡筑前町夜須の遺跡に木棺、石棺に埋葬するのは、華夏人の特徴である。http://www2.ezbbs.net/cgi/bbs?id=yasumati&dd=22&p=1

神武じんむ天皇の即位は紀元前50年前

紀元前660年2月18日 初代天皇・神武じんむ天皇が即位。ではありのせん。
紀元前80年前磐余彦生まれる
紀元前二代60年前生まれる
紀元前三代30年前
紀元前四代0年前神武じんむ天皇の即位時
紀元前五代30年
紀元前六代30年
紀元前七代30年
紀元前八代60年


神武じんむ天皇が即位したのは紀元前50年前
開花天皇は紀元100年頃
紀元130年に八代目神宮皇后生まれる。

「須恵器土師器陶工の渡来は、朝鮮半島からでは、なかった」

中華とも、華夏族の代名詞は、漢字を使う事からきている。 見てほしいのは ... 筑前町文化財室保存の、須恵器壺に、印紋硬陶と同じで、夜須の窯でつくられている。 ... 何故に学者は、須恵器土師器は、五世紀朝鮮から渡来した、としているのか、不明確である? ... 朝倉郡夜須から情報発信しています ... 伊勢神宮の総本社児島宮 ? 夜須の弥生の原型が見えた。

日本の古代天皇は創生主だからこそ、創生していたと言えましょう
天皇とは、を知らない現代人がほとんど、神社とは現代人は、考え違いが、はな、はだしい。

本当の天皇は創生者でもある、天皇は、すべてを、つかさどっている、脈々と、続いている、

だから天皇(天神)という。

(天神)とは八尾と、今から二千百年前の、福建省、武夷の越王丑の名である。

史記「東越列伝第五十四」

「閩越王、無諸と越東海王、搖は、皆、越王勾踐の後で、姓は騶氏である。……漢が項籍(項羽)を攻撃すると、無諸と搖は越人を率いて漢を助けた。漢の五年(B.C202)、無諸を復活して立たせ、閩越王と為した。越王勾踐の子孫は漢代になって東海王(東甌王)は東甌(温州)を都とし、閩越王はさらに南の東冶(福州)に都を置いた。漢は、一族の騶丑のみ、反乱にくみしなかったという理由で繇王に任じた。

日本書紀》には〈越国〉のほか,〈越海〉〈越之路〉〈越之丁〉〈越辺蝦夷〉などとみえ,白鹿・燃土・燃水が献上されたとの記事があり。

えつ【越 Yuè】

中国古代,春秋戦国時代の侯国,都は会稽(浙江省紹興市)。夏王少康の子無余が封ぜられた国という

会稽山】より

また秦の始皇帝も禹をまつって石碑を建てたという(秦望山という別称はこれによる)。この付近は古代の越国の中心で,杭州湾から江南全体を展望しうる会稽山はその象徴であった。秦・漢を通じても江南全体は会稽郡と呼ばれた。

ビン越 - Wikipedia

だから、ほんとうの天皇は、日本の、創生者でもある。福岡圏朝倉の夜須を創生したのが、日本の創生である。

知っているから出来る、知らないと、創生は出来ない。

今の神社は何も創生とは、関係が見えません?無論出来ないのです?何創生していないで、神社を無断に建てていますね。

神社はてんのうにむ

よって創生、されたものであった。

神社には、なにがしかの、創生が秘められている。

それは、てんのうしか、創生は出来ないのです。

神社を無断に建てていますね、てんのうでもないのに?

太平記の作者は、児島高徳といい、天皇の末裔だから、中国の、越王勾践の事を、自分と、照らし合わせて、いたのです。

ここに上げたように、太平記の作者は創生主でもあるのです。

日本の古代天皇は創生主だからこそ、創生していたと言えましょう。

戦国時代が終わり、相撲、歌舞伎、甚句、和歌、昔々物語、茶、を創生したという、佐久間信盛も天皇又は創生主でもあったのです。それは、てんのうを、知っていたからこそ、創生出来たのです。

日本の農業は、てんのう、に、よって、創生されていたのです。

出土品が、天皇に無関係とは、言えないのです。

「記紀」が記す、日本の創生記とは日本神話における神々・国土の誕生とイザナギ,イザナミの事です。てんのうが創生したとある。朝鮮には天皇はありませんね。天皇が知っているのは、中国福建省屏山平山の治城の無渚、ビン越王だけなのです。漢祖の劉邦を助けたとあります。このビン越王の祖は呉越の越王勾践とされている。越王の初代は夏王朝禹の天神(神代)七代の無予です、日本の紀元前の祖となっています。住んでいたのは、会稽の安邑を都としていました。呉越の越王勾践が隠れていた、会稽です。

世界創世記. これを読んでいる方の中に、日本神話を知っている人はどれだけいるでしょうか?

今の天皇は、創生してはいないでしょう、皇居とて、瓦が使われているので、天皇の創生に、携わって、いた人者だからこそ、教わって、建てられたのです。それは丸軒瓦あて、は、てんのう、と言われています。

  f:id:muoon:20160717075106j:image

ほんとうの、天皇は、日本が始まる前の中国福建省の屏山平山の治城の無渚、ビン越王だけなのです。ここにあるように、平山が天皇の創生にあたります。検索すれば、二年前に、確実が判明しています。天皇は、このように創生が出来ていたのです。

今は?道の駅の祖、夜須のトマトの創生となっています。


織田信長も秀吉も、関白に、のぼり上がりましたけど、関白にあたい、できなかったのです。

名前ばかりの天皇は、てんのうとは、言えないのです。

信長を、させたのは、創生主が、傍に、いたから、そのように見えただけなのです。

日本人は、何処から来たか?そのルーツを中国江南に探る
中国の歴史の中でチー州立夏王朝によって戦国時代の初頭には属国華夏確立は、 ジョーの状態は 、1500年の君主伸びたSi姓 、 ゆう直系の子孫を。
主な民族 華夏(漢古代名)

今は福岡県朝倉郡夜須にあり、名児島宮と。属国華夏確立 隋の使途が記録している。

の自分を律する倫理性(徳)をもたなければならないと孔子は説いています。

万事に付て、上下前後の次第あり、此心を天地にをしひろむれば、君臣上下人間みだるべからず。

天道様は見通し
(てんとうさまはみとおし)

 地上をくまなく照らしているお天道様は、人間のすることはすべてお見通しである。悪事はいずれ露見するというたとえ。

天に唾す
(てんにつばきす)

人に害を与えようとして、かえって自分がひどい目にあうこと。『四十二章経』に「悪人の賢者を害するは、猶なお天を仰ぎて唾するがごとし。唾天を汚さず、還って己が身を汚す」とあるのによる。

杞(き)は、古代中国の殷代から戦国時代にかけて存在した国。国姓は姒であり、禹の末裔と称した。殷末周初に一時滅亡するが、周初に再興され、史料では東楼公より20代の王が記録されている。紀元前445年、楚によって滅ぼされた。

当初は河南省杞県一帯に位置していたが、その後山東省新泰に、更に昌楽、安丘と都城が移動した。

小国の杞であるが、杞が夏王室の末裔であり、夏礼を保存していることから儒家にとっては大きな意義があった。孔子も夏礼を学ぶために杞を訪問した記録がある。




 

日本人なら知っておきたい華夏語、文字日本語の意味を、説明します

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 1月19日(木)17時21分58秒
編集済
  八尾とは八尾王とか、やおら、岡山の熊野神宮の八尾羅は越王丑の事です

九州は制度の事、九州制

中国の古典によれば、「天子の直接統治する領域」

九州(きゅうしゅう、くしゅう)とは中国全域の古称。古代、中国全土を九州に分けたことに由来する雅称のひとつである。

「天子の直接統治する領域」始め王は、ここから、領域とした。

竹枝→筑紫→夜須(王都安邑)  筑紫の日向の、たちばな、とは光源(ひかりのさす)大木原を降臨とした。
ここにある道の事を天神道という。




 

武夷鳥命を、ここでは、解説しましょう

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2016年12月 2日(金)11時41分58秒
編集済
  武夷鳥命が、埼玉の鷲の宮神社にも、祀られているが、武夷鳥命を、ここでは、解説しましょう。
「古事記」の中にも、書かれている、武夷鳥命とか大山ずみの神とか、あるが、この意味を、まず、知らなければ゜、神様の、事は、何も、解決にはなりません。

ここではオオヤマツミ(大山積神、大山津見神、大山祇神)は、日本神話に登場する神。
大山祇神の事から解説して、まいりましょう。

神様というのは、八尾と、いいまして、八尾とは、共通するとか、変わるといい、ですから、やおよろずの神々とも、言っているのです。
中国の福建省にある、武夷山が日本と、関係していたのです。
日本と、中国の福建省は、共に、共通しています。これは児島宮歴史研究室しか、判りません。
と、共通しているから、「日本書記」にも、書かれて、いたのです。

武夷山(ぶいさん)は中国・福建省にある黄崗山(2,158m)を中心とする山系の総称。山水の名勝として有名で、黄山、桂林と並び中国人が人生一度は訪れたいとされる場所の一つとされる。1999年以降ユネスコの世界遺産(複合遺産)に登録。年間350万人の観光客が訪れている。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E5%A4%B7%E5%B1%B1

この武夷山が日本の神々と関係が、あるのです。
時代は、漢の武帝の時期、の事になります。
司馬遷(しばせん、紀元前145/135年? ? 紀元前87/86年?)は、中国前漢時代の歴史家で、『史記』の著者。 姓は司馬。名は遷、字は子長。周代の記録係で .... この当時、司馬遷は血気盛んであり、任安への手紙(任少卿への返書)にて、私的な事は省みず職務に専念し武帝の期待に応えると考えていたと述べている。

漢の武帝を頭の中に入れてください。
話は、漢の武帝の祖から、お話ししましょう。
漢の武帝の祖と児島宮の祖とは、深い関係がありまして、漢の武帝が、楚の国の項羽、と、戦って居た時、の話は、有名で、
この時、漢の劉邦が、追い詰められていた時、一命を避けたと、いう事です。
その時の、人物が、日本の神々の八尾になっていたという。

八尾とは別にも、あるという意味の事です。

その時の、人物とは、ビン越の元祖のことで、
その名は、越王無渚という人の事です。http://heartland.geocities.jp/zae06141/jyoson1.html
秦の征服後、秦の支配下にあった邪馬台国閔越国 戦国時代に、閔越貴族は、越王勾践の子孫と称していた。越人の地に 漢武帝が出兵し、110年、閔越国は滅びた。
閔越国民は海を渡り東夷国筑紫夜須へ移動した。

http://6729.teacup.com/siyujin/bbs/262

呉越の「禹祭」から利根川の「泥祭」

大山津見神、とは通称、山の神とか海の神とかの、通称の意味の事です。
ですから、大山津見神、とは、日本にある山の、総称の事をいいます。
古代の日本人は、モノの中に、神が存在していると、思っていたという事です。

と、ここからは、神の事を説明したので、
日本人なら知っておきたい、文字日本語の意味を、説明します。
武夷鳥命の武夷の部分の事、文字とは、ブイ、と呼びます。
次の鳥命の意味には、神々の次に、意味する言葉になっています。
鳥命=系統、とか、ルーツとか、ながれ、という意味の事です。

津見=あるモノの意味=つみかさね=の事になります。






 

淮水(わいすい)の間、 淮水 ホワイホー  

 投稿者: 児島宮歴史研究室  投稿日:2016年11月19日(土)14時19分52秒
編集済
  中国の郡国数は、秦が天下を統一した当時は36郡だったものが、漢の高祖が26郡国を、文帝と景帝が各6郡国を増し、武帝の時代には南北に拓疆して28郡国を加え、同時に禹と周の九州制を折衷して2州を増し、南に交阯部、北に朔方部を加え、天下を13部として部刺史制を始めた。 平帝の元始3年(A2年)には103郡国となり、秦末に数百に過ぎなかった県邑も1314県、32道、241侯国を数え、1223万戸、5959万口に達した。


禹の定めた九州は、漳水以北を冀州、済水と黄河の間を兗州、黄河と荊山の間を豫州とし、泰山以東を青州、青州と淮水の間を徐州、淮水以南を揚州、荊山と衡山の間を荊州とし、華山と黒水の間を梁州とし、黒水と黄河の間を雍州としたもの。 周は徐州を青州に併せ、梁州を雍州に併せ、冀州から幽州・?州を分けたと伝えられ、真北にあるものを?州、東北を幽州、真東を青州、東南を揚州、真南を荊州、真西を雍州とし、中央の黄河の東を兗州、黄河の南を豫州、河内を冀州としたと伝えられる。 武帝の13州は周の九州に徐州・梁州と交阯部・朔方部を加えたもので、雍州が涼州、梁州が益州と改称された。

淮河は淮水(わいすい)の間 淮水。ホワイホー
淮水とも言う。もともと中国の黄河流域=華北と、長江流域=江南の境界線であった。

漢軍が到着すると戦わずして降伏したので無錫侯に封じられた。 武帝は「東越は土地が狭く険阻な要害が多く、人々は剽悍でしばしば裏切る。」と言い 東越の人民をすべて江水・淮水の間の地に強制移住させた。

幽州

■ 玄菟郡
 吉林省南部~朝鮮半島北東部。 武帝が置く。東漢では遼東郡内に遷移。
  3県、45.0千戸、221.8千人(A2年)/ 6県、10.6千戸、43.2千人(140年)
 治所は夫租(咸興?)、後に高句驪(吉林省集安→遼寧省新賓)。
 ・上殷台(吉林市永吉方面) ・西蓋馬(吉林市永吉方面)

■ 楽浪郡
 朝鮮半島北西部。武帝が置く。
  25県、62.8千戸、406.7千人(A2年)/ 18県、61.5千戸、257.0千人(140年)
 治所は朝鮮(平壌)。
 ・?水(義州) ・鏤方(遼寧省遼陽市区) ・長岑(遼寧省瀋陽市内?) ・不而(東部都尉/咸興?) ・夫租(咸興?)
 ・昭明(南部都尉/平壌?) ・帯方(平壌?) ・黏蝉・遂成・増地・屯有(平壌方面?)
 ・含資・列口・呑列・東?(ソウル方面?) ・駟望 ・海冥 ・?邯 ・提奚 ・渾彌 ・蠶台 ・華麗 ・邪頭昧 ・前莫

■ 遼東郡
 秦が置く。  18県、56.0千戸、272.5千人(A2年)/ 11県、64.1千戸、口数不明(140年)
 治所は襄平(遼陽市区)。
 ・遼陽(遼陽市遼陽) ・新昌(遼陽市灯塔) ・候城(中部都尉/瀋陽市区) ・望平(瀋陽市遼中)
 ・武次(東部都尉/丹東市鳳城) ・西安平(丹東市寛甸) ・遼隊(盤錦市大窪) ・安市(営口市大石橋)
 ・平郭(営口市蓋州) ・文(営口市?魚圏区) ・沓氏(大連市金州区) ・高顕 ・番汗
 ・無慮(西部都尉/錦州市北鎮) ・険瀆(錦州市北鎮) ・房(遼寧市内)
http://home.t02.itscom.net/izn/ea/c049z.html

百科事典マイペディア - ホワイホーの用語解説 - →淮河.

海外だより 中国の淮河(ホワイホー)流域で12年ぶりに発生した洪水被害

淮河(ホワイホー)の支流,潁河(インホー)の夜明け 河南省は、黄河と長江にはさまれていて中国漢民族の故郷ともいえる省。





日本人はどこから来たのか リンク http://6309.teacup.com/kobutu/bbs
 

越の土地の記録がある

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2016年10月29日(土)07時18分41秒
編集済
  「江東」日本人のルーツ
女性は左手首にイモガイの腕輪をつけて埋葬されていた。

中国語版は、『大江東去』(簡体字:大江?去)

シャーマンなしでの子孫である江東マレーの埋葬

本来、一字が一義を表すことだけを重視して表意文字としてきたのであるが、これは古代中国語の一音節が一つの意味を表す孤立語的 ... 中国から移住した人たちが多く住み、漢字を使用している。

(シャーマン、魔術師、陰陽師、風水師等)は、龍脈

「史記.貨殖列伝」は、「楚越の地は土地が広く人間が少ない。稲を飯として食し、魚を羹(ス?プ)にする。共同で農耕を行う」

淮河(わいが、拼音: Huái Hé)は、中華人民共和国を流れる川の一つで、長江・黄河に次ぐ第三の大河。古くは「河」が黄河の固有名詞であったので、淮水と呼んだ。

黄河以北は海河、黄河以南は淮河の流域に属する。 .... 付近に河口があったが、紀元前602年に記録されている最初の河道変遷が起こり、黄河は旧河道と現代の河道のほぼ中間を流れるようになった。

中国の史書に記された最古の王朝。夏后ともいう。夏・殷・周を三代という。『史記』『竹書紀年』などの史書には初代の禹から末代の桀まで14世17代、471年間続いたと記録されている。

『竹書紀年』など中国の史書には初代の禹から末代の桀まで14世17代、471年間続いたと記録されている。

黄河は河水、長江は江水、渭河は渭水(いすい)、淮河は淮水(わいすい)などと呼ばれた。
神意をよって農事や戦争などを決定する占いの記録(卜辞)として使用され、現在の漢字の起源となる。

紀元前百年前の筑紫夜須人が百越人である。紀元前四十五年前に、大阪、奈良に進出、都ができた。

約5千年前、黄河流域の中下流域一帯の華山と夏水の間に多くの部落分布て、比較的 ... ?元前から約5000年から、華夏族(漢族の別名)黄河流域に起源して発展に入った新石器時代 里頭とそのすぐ近くの偃師商城、

越人とは何か?
越人とは、天神七代の越という国の越王無予が開いた国で、日本人の祖先となるが、日本では児島歴史研究室 が、記録しており、これにより、少しづつ、日本について、ひもが、ほどけて語りかけている。
教育委員会文化財課は、朝鮮説で、考古学会や、歴博側で、、華夏族説とは無関係である。

龍谷大学は、歴博側で、、華夏族説とは無関係である。

倭人とは、夏王朝があり、まだ殷が成立していなかった、夏十三代桀頃、倒され、た頃、越王の娘が、周国の王に嫁いでいた、周国は殷民であったが、婚姻により、倭族が始まりました、戦国七国が、周国の武王の子供だった、これにより、戦国七国は倭人の国となった。
教育委員会文化財課は、日本は朝鮮説で、考古学会や、歴博側で、、華夏族説とは無関係になっている。

児島宮歴史研究室記録、無しでは、日本の考古学は、無意味の、ままである。





 

越の土地の記録は 城壁内に立っていた構造 宮殿、門、などの都市、市場、道路や運河「越の土地の記録がある

 投稿者:児島宮研究室  投稿日:2016年10月 7日(金)15時40分28秒
編集済
  君主、勾践は父王Yunchangの死に496 BCEで王位

473 BCに越に帰国した。

「越の土地の記録は 城壁内に立っていた構造  宮殿、門、などの都市、市場、道路や運河。「越の土地の記録がある。
「越の土地のレコード 」は、少なくとも2つの異なる古代のソースから構成され世界観。
大塚場合。 で大墓は、墓だった。

朝倉地方に多い塚はこの構成され世界観。
浙江省の、おそらくは台湾の先住民人口を含む。 以内 またはインナー越でした。

越の社会は頻繁に一夫一婦制であった
越の首都は都市部と農業の混合物を用いてレイアウトされたことを示唆しています
青銅は越の国で製造しています。越の人々がこの場所(銅)

秦李マウンドの山であるための乗客のカメは、また墓である西大塚人。 はクライアントの墓にありました
したがって、彼らは墓(秦李を指名した。亀の殻を分解による占いを作ります マウンテン)。
公式シャーマンまた、郡13の約束への彼らの死者を埋葬巫。

シャーマンなしDUの子孫である江東マレーの埋葬。
越の土地で
【玉石の山まで]道は9曲がりがあった

自無餘初封於越以來,傳聞越王子孫,在丹陽皋?,更姓梅,梅里是也。
丹陽皋 姓を梅。梅里

居城在蘇州北五十里常州無錫縣界梅里村,其城及冢見存。
 

越絶外伝記地伝第十

 投稿者:児島宮研究室  投稿日:2016年 9月25日(日)09時33分40秒
編集済
  無余ははじめ大越に封じられ、秦餘望の南に都をおき、千余年たって句踐に至った。句踐は治所を山北に移し、拡張して東海を属し、内外越は別に封じられてこれを分けた。そこにいて幾ばくもなく、自ら賢聖を求めた。孔子は弟子七十人を従え、先王の雅びやかな琴を捧げ持ち、礼を治め行って奏上に赴いた。句踐はそこで自ら賜夷の鎧を着て、歩光の剣を帯び、物盧の矛を持ち、決死の士三百人を出し、陣を関下に作った。孔子はしばらくしてはるか越に至った。越王は言った。
「はい、夫子は何をもってこれを教えるのですか」
孔子は答えて言った
「私は五帝三王の道を述べることができます、故に雅やかな琴を捧げ持って大王のところに至ったのです」
句踐は嘆息して嘆いて言った
「越の性質はもろく愚かであり、川を行き来し山におり、船を車としかいを馬として、往くのはつむじ風のごとく、去れば追いがたく、精鋭な兵は死をいとわないのが、越の定まった性質です。夫子が異とすれば不可です」
ここにおいて孔子は辞退し、弟子も〔句踐に〕従うことはできなかった。
越王夫鐔から無余までは、長久であり、世系は記録することはできなかった。夫鐔の子は允常である。允常の子は句踐であり、大いに覇をとなえ王と称し、瑯琊にうつって都をおいた。句踐の子は与夷で、そのとき覇をとなえた。与夷の子は子翁で、そのとき覇をとなえた。子翁の子は不揚で、その時覇をとなえた。不揚の子は無疆で、そのとき覇をとなえ、楚を伐ったが、威王は無疆を滅ぼした。無疆の子は之侯で、ひそかに自立して君長となった。之侯の子は尊で、そのとき君長となった。尊の子は親で、人々の信望を失い、楚はこれを伐ち、南山に逃走した。親から句踐に至るまでは、全部で八君、瑯琊に都をおくこと二百二十四年であった。無疆以前は、覇をとなえ、王と称した。之侯以降は微弱となり、君長と称した。
句踐小城とは、山陰城のことである。周囲は二里二百二十三歩、陸門が四つ、水門が一つあった。今の倉庫はその宮殿の台のところにある。周囲は六百二十歩、柱の長さは三丈五尺三寸、といの高さは一丈六尺であった。宮殿には百の扉があり、高さは一丈二尺五寸であった。大城の周囲は二十里七十二歩、北面は築いていなかった。そして呉を滅ぼし、治所を姑胥台に移した。山陰大城は、范蠡が築いて治所を置いたところである。今伝わっているところではこれを蠡城という。陸門が三つ、水門が三つあり、西北に城壁が途切れており、それもまた理由があった。始建国の時に至り、蠡城は消滅した。
稷山は、句踐の斎戒した台である。
亀山は、句踐が建てた怪游台である。東南に司馬門があり、よって亀を照らした。また天の気を仰ぎ望み、天の怪を見た。高さは四十六丈五尺二寸、五百三十二歩、今の東武里である。一名を怪山という。怪山は、むかし一夜にして自らやってきたので、民はこれを怪しみ、故に怪山といった。
駕台は、周囲が六百歩、今の安城里である。
離台は、周囲が五百六十歩、今の淮陽里丘である。
美人宮は、周囲が五百九十歩、陸門が二つ、水門が一つ、今の北壇利里丘土城であり、句踐が美女西施・鄭旦を教習した宮台である。女は苧蘿山の出身で、呉に献じようとしたが、自ら東の果ての田舎であることを思い、女が田舎じみているのを恐れ、故に大道の近くにあったのである。県を去ること五里である。
楽野は、越の狩り場であり、大いに楽しんだので、ゆえに楽野と言った。その山上の石室は、句踐が休んで謀をしたところである。県を去ること七里である。
中宿台馬丘は、周囲が六百歩、今の高平里丘である。
東郭外の南小城は、句踐の氷室である。県を去ること三里である。
句踐が出入りするには、稷山で斎戒し、田里より行き、北郭門より去った。亀を亀山で照らし、さらに駕臺へ行き、離丘に馳せ、美人宮に遊び、中宿で音楽に興じ、馬丘を過ぎた。楽野の道に弓を射て、犬を若耶に走らせ、石室で休息して謀り、冰廚で食事をした。功績をしるし士をはかり選び、そののちやがて昌土台を作り、その姿をかくし、その情を隠した。一説にいう、氷室は、食事を備えるところである。
浦陽は句踐の軍が破れて兵を失い、ここに悶えた。県を去ること五十里である。
夫山は、句踐が糧食を絶やし、困窮したところである。その山上の大冢は、句踐の庶子の冢である。県を去ること十五里である。
句踐は呉と浙江のほとりで戦い、石買は将となった。老人、壮年は諫言を進めて言った
「石買は、人は皆怨みとなし、家は皆仇となし、貪欲で利を好み、心が狭く、長期的な策がありません。王がもしこれを用いれば、国は必ずや長続きしません」
王は聞かず、ついにこれを遣わした。石買は出発し、行って浙江のほとりに至ると、無罪の者を斬殺し、威を専らにし軍中を服従させようとし、将帥を動揺させ、ひとりその権力を専らにした。兵士は恐れて、人は安心できなかった。
兵法にいう、「人を見るに嬰児のごとくすれば、共に深い谷に赴くことができる」
兵士は腐敗したが、石買は気づかず、なお法を厳しく刑を重くした。子胥はひとり越を討ち取れるきざしを見て、変じて奇謀をなし、或いは北に向かい或いは南に向かい、夜に火を挙げ鼓を打ち、昼に疑兵を陣した。越軍は潰滅し、命令は行われず、背反して乖離した。帰ってその王に報じると、王は買を殺し、その軍に告げ、叫び声は呉に聞こえた。呉王は恐懼したが、子胥はひそかに喜んだ。
「越軍は敗れます。私は、狐がまさに殺されようすると、唇を噛んで歯を吸うと聞いております。今越の句踐はすでに敗れております。君王は意を安んじてください、越はたやすく併合することができます。人を使わして越を訪れさせると、越軍は降服することを請うたが、子胥は許さなかった。越は会稽山の上に立てこもり、呉は退いてこれを囲んだ。句踐は嘆息して文種・范蠡の計を用い、死を転じて覇業をなした。一人の身に、吉凶はかわるがわる至る。盛衰存亡は、臣を用いることにかかっている。天下を治める道は万事、重要なのは賢人を得ることにある。越が会稽山に立てこもった日、呉と和平を行い、呉は兵を引いて去った。句踐はまさに下ろうとして、西方の浙江に至り、命令を待って呉に入った、故に鶏鳴墟という。その入臣の辞に言う
「亡臣私句踐は、かならず兵士を率いて、呉に入り奴隷となります。民はお使ください、土地は保有してください」
呉王はこれを許した。子胥は大いに怒り、目は夜光のごとく、声は吼える虎のようであった。
「このたび越が戰わずに降伏したのは、天が呉に賜ったのだというのに、天に逆らうというのか。私は君王が急ぎこれを制裁していただきたい」
陽城里は、范蠡の城である。西の方角は水路へ至り、水門が一つ、陸門が二つあった。
北陽里城は、大夫種の城である。土を西山から取ってこれに加えた。直径は百九十四歩である。或いは南安といった。
富陽里は、外越が義を賜ったところである。里門に居住させ、練塘田を褒め称えた。
安城里高庫は、句踐が呉を伐ち、夫差を擒にし、勝利をもたらした兵器を思い、倉庫を築きこれを高く積み上げた。周囲は二百三十歩、今の安城里である。呉王は聴かず、ついにこれを浙江で赦したというのがこのことである。
故の禹の宗廟は、小城南門外の大城内にある。禹稷は廟の西にあり、今の南里である。
独山大冢は、句踐が自ら塚を作った。瑯琊に遷都し、塚は完成しなかった。県を去ること九里である。
麻林山は、一名多山という。句踐が呉を伐とうとし、麻を植えて弓の弦をつくり、斉人にこれを守らせた。越は斉人を「多」といい、ゆえに麻林多といい、呉を防いだ。山下の田地で功臣を封じた。県を去ること一十二里である。
会稽山上城は、句踐が呉と戦い、大いに敗れ、その中に立てこもった。その下には目魚池があり、その利益は税がかからなかった。
会稽山北城は、子胥の駐屯兵が城を守ったのがこれである。
若耶大冢は、句踐が移した先君夫鐔の墳墓である。県を去ること二十五里である。
葛山は、句踐が呉に疲弊し、葛を植え、越の女に葛布を織らせ、呉王夫差に献じた。県を去ること七里である。
姑中山は、越の銅官の山であり、越人はこれを銅姑瀆といった。長さは二百五十歩、県を去ること二十五里である。に犬山という。その高みに犬亭がある。県を去ること二十五里である。
白鹿山は、犬山の南にあり、県を去ること二十九里である。
雞山・豕山は、句踐が鶏と豚を飼い、まさに呉を伐とうとして、士に食べさせたのである。雞山は錫山の南にあり、県を去ること五十里である。豕山は民山の西にあり、県を去ること六十三里である。洹江からは越に属す。おそらく豕山は餘?界中にある。
練塘は、句踐の時に錫山から採取して炭を作り、「炭聚」といい、すなわち炭瀆より練塘に至り、各々このことによって名づけたのである。県を去ること五十里である。
木客大冢は、句踐の父允常の墳墓である。
初めて瑯琊に移ったとき、やぐら船の卒二千八百人に松とこのてがしわを伐採させていかだを作らせた、ゆえに木客という。県を去ること十五里である。一説に、句踐が良い木材を伐採し、文様を刻んでで呉に献じた、故に木客という。
官瀆は、句踐の工官である。県を去ること十四里である。
苦竹城は、句踐が呉を伐って還り、范蠡の子を封じたところである。その地は辺鄙で、直径は六十歩である。民に田地を作らせ、塘の長さは一千五百三十三歩である。そこの墳墓を土山いった。范蠡は苦心して勤め功が厚く、ゆえにその子をここに封じたのである。県を去ること十八里である。
北郭外路南溪北城は、句踐が鼓鍾宮を築いたところである。県を去ること七里である。その邑には龔・銭の姓の者が住んでいた。
舟室は、句踐の造船所である。県を去ること五十里である。
民西大冢は、句踐の客の秦伊というよく亀を照らした者の墳墓である。よって冢を名づけて秦伊山といった。
射浦は、句踐が兵を教習したところである。今、射浦は県を去ること五里である。射卒の陳音が死んで、民西に葬り、故に陳音山と言った。
種山は、句踐が大夫種を葬ったところである。櫓舟の卒二千人に、三本の墓道を作らせ、これを三つの峰の下に葬った。
種はまさに死のうとするとき、自ら記した
「後に賢者があり、百年たって至る。私を三峰の下に置け、自ら後世に現れるであろう」
句踐はこれを葬り、祭って三賢人に伝えた。
巫里は、句踐が巫師を移住させ一つの聚落を作ったところである。県を去ること二十五里である。その亭と祠は今の和公群社稷墟である。
巫山は、越■■、神巫の官であり、死ぬとその上に葬られた。県を去ること十三里ばかりである。
六山は、句踐が銅を鋳たところである。銅を鋳て熔けないと、これを東阪に埋めた。その上には竹の鞭がとれた。句踐は使者を遣わし竹を南社に取っていたが、種を六山に移し、装飾して竹の鞭を作り、これを呉に献じた。県を去ること三十五里である。
江東中に葬られた神巫は、越の神巫の無杜の子孫である。死ぬと、句踐は中江にこれを葬った。巫は神がかりであり、転覆させて呉人の舟に禍を与えようとした。県を去ること三十里である。
石塘は、越が軍船を妨害したところである。塘は広さ六十五歩、長さ三百五十三歩、県を去ること四十里である。
防塢は、越がそれによって呉軍を防いだ。県を去ること四十里である。
杭塢は、句踐の船があった。二百石の長さで、卒七千人を動員し、これを会夷に渡した。
県を去ること四十里である。
塗山は、禹が妻を娶った山である。県を去ること五十里である。
朱餘は、越の塩官である。越人は塩を「餘」といった。県を去ること三十五里である。
句踐はすでに越を滅ぼしてから、呉人に呉塘を作らせた。東西は千歩で、名づけるのに頭文字を避けた。後にこのために名づけて塘と言った。
独婦山は、句踐がまさに呉を伐とうとしたとき、寡婦を移して独山上に至らせ、決死の士に示し、心を一つにさせることができた。県を去ること四十里である。後人の説では、おそらく句踐が軍士を遊ばせたのであろう。
馬?は、呉が越を伐ったとき、道中で大風に遭い、車は壊れ馬は失われ、騎士は堕ちて死に、一匹の馬が鳴き叫んだ、そのことは呉史に見られる。
浙江南路西城は、范蠡が兵を集めた城である。その陵は堅く守ることができ、故にこれを固陵と言った。なぜそうなったかというと、大きな軍船が置いてあったからである。
山陰古故陸道は、東郭を出て、直瀆より陽春亭に直通した。山陰故水道は、東郭を出て、郡より陽春亭に至った。県を去ること五十里である。
語児郷は、昔の越の国境内にあり、名を就李と言った。呉は越の地に力を及ぼして戦場とし、柴辟亭に至った。
女陽亭は、句踐が呉に奴隷として入ったとき、夫人が従い、道中で娘をこの亭で産み、李?で養育した。句踐が呉に勝つと、名を女陽と改め、就李を改めて語児郷とした。
呉王夫差は越を伐ち、その国を保有し、句踐は降伏して奴隷となった。三年して、呉王はまた句踐を越に帰して封じ、東西は百里、北方は呉に臣事し、東を右とし、西を左とした。大越のもとの境界は、浙江から就李に、南は姑末・写干に至った。
覲?の北に武原がある。武原は、今の海塩である。姑末は、今の大末である。写干は、今は豫章に属す。
無餘が初めて越に封じられて以来、伝え聞くところ越王の子孫は、丹陽皋?にいて、姓を梅と変えた。梅里がこれである。
秦の立国より以来、秦元王に至るまで年を記さなかった。元王は立つこと二十年、平王は立つこと二十三年、恵文王は立つこと二十七年、武王は立つこと四年、昭襄王もまた立つこと五十六年にして、周赧王を滅ぼし、王を周はここに絶えた。孝文王は立つこと一年、荘襄王は号を太上皇帝とあらため、立つこと三年、秦始皇帝は立つこと三十七年、号して趙政といい、政は、趙の外孫であった。胡亥は立つこと二年、子嬰は立つこと二年であった。秦元王から子嬰に至るまで、凡そ十人の王がいて、百七十年であった。漢の高帝はこれを滅ぼし、咸陽に治所を置き、天下を一つにした。
政は将軍魏舎・内史教に韓を伐たせ、韓王安をとらえた。政は将軍王賁に魏を攻めさせ、魏王歇をとらえた。政は将軍王渉に趙を攻めさせ、趙王尚をとらえた。政は将軍王賁に楚を攻めさせ、楚王成をとらえた。政は将軍史敖に燕を攻めさせ、燕王喜をとらえた。政は将軍王渉に斉を攻めさせ、斉王建をとらえた。政は号をあらためて秦始皇帝とし、その三十七年に、東遊して会稽に行き、道中で牛渚を渡り、東安に向かった。東安は、今の富春である。丹陽、溧陽、鄣故、餘杭軻亭を通り南方に向かった。東方の槿頭に向かい、道中諸?・大越を渡った。正月甲戌に大越に至り、舎都亭に留まった。錢塘浙江から「岑石」を採った。石の長さは一丈四尺、南北面の広さは六尺、東面の広さは四尺、西面 の広さは一尺六寸、文を刻んで越棟山上に立て、そこへの道は九つの曲がり角があり、県を去ること二十一里であった。この時、大越の民を移して餘杭伊攻□故鄣に置いた。そこで天下の有罪の吏民を移し、海南の元の大越のあったところに置き、東海の外越に備えた。そして大越の名をあらためて山陰と言った。すでに去り、諸?・錢塘に向かい、そして呉に向かった。姑蘇台に登った、そして矢を射て宅亭・賈亭北にとどまった。その年に霊に至ったが、射ずに去った。曲阿・句容に向かい、牛渚を渡り、西に向かって咸陽に至り、崩御した。

http://haou.shirakawayou.com/text/yuejueshu/08.html
 

徳川家康面前で、狩野孝信に連れられ、子探幽、ネズミ絵御筆す

 投稿者:児島宮研究室  投稿日:2016年 9月 3日(土)15時02分36秒
  徳川家康面前で、狩野孝信に連れられ、子探幽、ネズミ絵御筆す。
慶長十二年(1607)十月六日狩野孝信の次男として京都に生まる。
狩野孝信室は、佐久間信盛女で、妹は佐々に嫁いでいる。
大和絵と、
日末化せられた漢画の形態に転換した、儒教的精神が取り入れられたのである。それは、母の宮家による、ものでも江戸文化の中心となっている。
これにより床の間は、漢画を儒教する、床の間となった。
この漢画は江戸幕府の終末となり、明治以降、明治画壇により、漢画掛軸の用途、日本間は、次第に、西洋風画風へと、なり、現在は消滅に近い。
江戸狩野は、日本文化の、開会でもあったことになる。
戦国時代には、無かった、床の間様式は、探幽母の宮家の、児島宮家、佐久間信盛父子によって桃山文化の開花した時期と、云えよう。
これは誰も知らなかった日本文化の開花でも、あった。
ここに貝合わせの、ように、日本とは、すべてが、一致文化、扶桑の国が、なければ、日本とは、ならないだろう。
現代は日本文化が、西洋に、取り入れられた、となっている、これが解らずに、先祖に対し、近代化は恥ずべき、事態では、ないだほろうか?
現代人は、神の恩恵がなくなったから、文化恩恵の、日本消滅さえ、解らないのだろう。
戻そう日本の文化は、日本の象徴でもあった、事を忘れてはならない。
日本を知らずに、日本人は無い。

ここに貝合わせの、ように、日本とは、すべてが、一致文化、扶桑の国が、なければ、日本とは、ならないだろう。
憲法政治と日本人とは、別である。政治は戦国戦争時代で日本とは、別である。
日本を大切にしない、国会は、価値が無い。

何にも知らない現代人は、日本の意味も知らない?
邪馬台も日本の意味も知らない?

憲法は何も一致して、いません?何故憲法なのか、解らない現代?
遺跡調査は、破壊になるだけ、それは、元に戻らないから?
耶麻台の意味知らずに、日本は語れない?
宮崎鹿児島でもない、天孫降臨。
天皇は、日本では無い、それは天皇が一致していないと、言うこと。

天皇は日本でないというのは?

狩野孝信室は、佐久間信盛女? がなければ、日本文化は、無くなっている。
書き換えられた、すべての論文は、不正解である。
邪馬台国すら、書き換えられた、すべての論文は、不正解である。

佐久間信盛?児島高徳の末裔。
養秀院殿狐寶を得給ふ事狩野孝信 元亀二(1571)年11月25日~元和四(1618)年8月30日 佐久間信盛女子養秀院を娶る。 ☆養秀院巻十 養秀院殿狐寶を得給ふ事 「雪窓夜話抄巻下」 因伯叢書 上野忠親の雪窓夜話抄 鳥取県絵師狩野孝信。
狩野孝信に嫁いだ宗序ムの女娘がいたとされる。
宗序ムとあるのは、佐久間信盛の宗の誤りである。
探幽の母は養秀院と言ふ。


天海と「三宅輪宝」信長始末記
名前:児島宮歴史倶楽部 日付:8月20日(日) 9時23分
門番の首を持っていたところ、北側から入ってきた三宅弥平次殿と伝令将校の二人がやってきて、「首は討ち捨てろ。」と言われましたので、堂の下に投げ入れました。
本堂の表から中に入ったところ、広間には誰もいなくて、蚊帳が吊ってあるだけでした。
寺の台所の方を探索したところ、白い着物を着た女を一人、捕らえましたが、侍は誰もいませんでした。
捕らえた女は「上様は白い着物を着ておられます。」と言ったのですが、その時は、その女が言った「上様」が「信長殿」とは分かりませんでした。この女は斉藤内蔵助殿のもとに連れて行きました。
旗本衆の二、三人が肩衣に袴の裾をたくし上げた姿で堂の奥に入って行き、そこで首を一つ取りました。
一人の男が、奥の間から、麻の単衣(寝間着)を着て、帯もしないで、刀を抜いて出てきたので、私は蚊帳の陰に入り、その者が通り過ぎるのを待って、背後から切って首を取りました。

佐々清蔵子息らは成政に預け ...

養秀院(狩野孝信室)佐久間信盛女嫁ぎ先実母不明。絵師狩野永徳の次男、狩野孝信(1571-1618)に嫁ぐ。狩野孝信は慶長十三年兄光信の死後、狩野派の中心として活躍した。現存する絵に「後陽成天皇像」、「賢聖障子」の一部などがある 。

佐久間信盛ゆかりの地 【御器所西城】10297002915.html
佐久間 信盛(さくま のぶもり)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。織田氏の家臣。佐久間氏の当主。通称は出羽介、右衛門尉。子に信栄・信実。従兄弟に佐久間盛次(佐久間盛政・佐久間安政・柴田勝政・佐久間勝之の父)がいる。

李房(相模国三浦郡和田邑ニ住み和田号ス)此レ母は和田義盛女。 鎌倉では ... 佐久間信盛は尾張国愛知郡御器所(「ごきそ」に名を残すが、佐久間は姻戚で、児島氏も先の女系である。

佐久間 信栄(さくま のぶひで)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将。佐久間信盛の長男。剃髪後は不干斎と号した。諱は正勝(まさかつ)とも伝えられるが、信頼できる史料は信栄としている。

佐久間信盛は三河、西広瀬城 児島高徳築城
西広瀬城
案内板によれば、「城主、天文年間以降、尾張織田信長の臣佐久間氏一族が居城した。」とあります。「愛知の山城ベスト50」では、「佐久間全孝、あるいは佐久間信盛兄の佐久間信直と伝えられる。佐久間全孝は、徳川家康の父松平広忠の暗殺を仕組んだ人物、広忠は、全孝が送り込んだ岩松弥八によって絶命した」とありました。

東広瀬城
案内板によれば、「1344年児島高徳が築城したといわれ、1560年(永禄3年)徳川家康に攻められ落城した。」とあります。
ベスト50では、「三宅氏の居城であった。児島高徳の築城とされるが、高徳を祖とする三宅氏が後に唱えたものと考えられる。永禄元年(1558年)に初陣の徳川家康に攻撃され、同6年(1563年)再び家康の攻撃を受けた。」とありました。
東広瀬城は明智秀満の祖父の城 天海の里

西広瀬城は、天文年間に織田氏が家臣佐久間氏に命じ、矢作川を挟んで対岸にある三宅氏の居城東広瀬城と対抗する ... 金谷城には佐久間信盛がそのまま居城し、1568年(永禄11年)には子息余語久三郎正勝(佐久間正勝不干斎})将として入城。
広瀬城(豊田市東広瀬町).

三宅高貞 (*)東広瀬・右衛門大夫。東広瀬城主。1533年阿部、鈴木、中条家と連合し松平清康と抗争。1554年佐久間家から西広瀬城を奪取。一門の三宅帯刀・高清を城主とする。
元・尾張守護の中条氏守護代の三宅氏。 尾張知多・三河に所領 .... 1533年佐久間全孝 西三河西広瀬城を奪取。
西三河で今川家の尖兵の将として清康は、
享禄2年(1529)一色家の東三河守護代の牧野家を討伐、今川派の家臣団を引き込み牧野家を分裂させ、本家の独立推進派の今橋城主・牧野伝蔵との合戦を制する。
南朝軍の児島氏の子孫で広瀬城主・三宅氏の動きを牽制する為、桜井松平氏と三宅氏は豊かな鉱山資源を背景に労働に見合った富貴を求めていた。
氏豊は、重臣として引き立てた佐久間重行(入道全孝)と、桜井松平と因縁のある松平清康に攻略を命じる。
天文2年(1533)桜井松平信定派の西三河広瀬城主・三宅佐久間信盛右衛門尉と、寺部城主・鈴木日向守を、松平清康は「今川家に対する不忠者」と名指しして攻撃する。
三宅を救わんと後詰の信定派連合の尾張品野軍8000余騎が迫るが入道全孝と、清康は是を撃退する。
三宅氏は南朝児島氏の子孫だが、西三河に土着し国境を接する美濃の土岐家と婚姻を重ね、土岐一族を後ろ盾とする侮れない勢力を持つ豪族だった。
当時、佐久間氏の惣領にあったのは、佐久間重行と呼ばれる傑物である。
佐久間九郎左衛門・重行、入道して「全孝」は那古屋城の主・今川氏豊よりも、23歳となった家老の織田弾正忠・信秀に武将として一目を置いていた。入道全孝の予想通り、信秀の器が証明されはじめていた。入道全孝は、都の貴族までもが信秀の資金を頼りにしていた。
天文2年(1533)美濃の土岐家の庶流で、可児郡土田村、尾張の萱津の豪商、土田政久の娘(土田御前)を室に迎えた。
翌年、その娘との間に、信秀の三男が生まれた。
信秀はこの男子を「吉法師」と名付けた。
林家は南北朝期に南朝方に忠節を尽くした河野一門の末裔で、元々は四国伊予の国人である。
河野氏の末裔が美濃に土着していた。戦国時代に「西美濃三人衆」と呼ばれた有力な三家のうちの稲葉家と同門であるのが尾張の林家である。林家は尾張の西春ばかりでなく、美濃にも所領があり
美濃の林家は斎藤道三の「槍奉行」を務める。
信秀の父・信定の代に、林佐渡守・通村の娘が信定の室となった。林新五郎・通勝(のち佐渡守・秀貞)に「秀」の一字を与えた。天文3年(1534)に誕生した息子・吉法師(のちに信長)の守役には、「武」に関しては林 秀貞兄弟を、「文」に関しては、信頼する側近のうち、平手政秀を付けて、その成長を見守る事とした。於大は清康の正室だった「於富」の娘でもあり大河内家に連なる血を持つ娘だった。信秀の意向による政略婚である。広忠16歳、於大14歳の若夫婦であった。
7歳の吉法師
下方左近・貞清は、織田の一門衆で、名誉ある赤母衣を背負う武辺者である。
佐々隼人正・成吉(政次)、佐々孫介・成経兄弟は、春日井郡の比良城を拠点とする豪族の出身である。天文12年(1543)3月、熱田社家の千秋氏、加藤氏、その他尾張の歴々の前で相撲が奉納された。信秀の万松寺の葬儀には、末盛譜代家老の筆頭として勘十郎(信行)に伴し、続いて、佐久間入道全孝の一族の生き残り佐久間大学・盛重、その弟、佐久間次右衛門(のち久右衛門・盛次)、長谷川、山田が従った。勝家の妹婿に盛重の弟・佐久間盛次があり、その息子に猛将・佐久間盛政が誕生する。実家に送り返された「於大」は、兄・水野信元の命で、信秀派の武将・久松俊勝と再婚する事となる。水野忠政が討たれ、元・清康夫人「於富」は32歳となっていたがまだまだ美しさは衰えず、「於富」を捕らえた河口宗吉により側室とされていた。この抗争の中で河口宗吉は今川方に降伏、離別された「於富」は富永氏を頼り、その美貌ゆえに一族の星野備中守・秋国の側室となるが、彼も織田家との戦陣に没する。広忠の室「於大」の母、大河内家の血をひく「於富」の、人質としての価値を今川家は重要視していたのだった。
信長16歳、「帰蝶」は15歳だった。母は美濃恵那郡明智城主の明智駿河守・光継の娘で、十兵衛・光秀の父・明智光綱の妹である。帰蝶と明智光秀は従兄弟同士の間柄だった。
三宅康秀 (?~?) 「明智系図」に名がある。明智光隆の子。光秀の弟。彦三郎、三宅弥平次、左馬助。三宅長閑の婿養子となり、三宅弥平次に名を改める。
嫡男・光綱は光継に先立って亡くなっており、嫡孫・明智光秀の養育を三男・明智光安に命じた。
秀満は母方である三河の三宅姓を名乗っていると永井氏は書いているから、それならば児島高徳の子孫ということを意味する。明智左馬助とはもちろん明智秀満、三宅弥平次のこと。明智秀満は児島高徳の子孫。西、東広瀬は後鳥羽嫡孫、児島高徳の城であった。

土岐氏の支流明智氏に生まれ、父は明智光綱といわれる。










上沢家長(中条(出羽守)家長)女と東寺長者道乗妻

「佐久間系譜」
佐久間家は、三浦義明の三男である義春の四男・家村が安房国狭隈郷(現千葉県鋸南町下 佐久間~上佐久間)で称したのが始まり。
その養子である朝盛(和田義盛の孫)は鎌倉幕府に仕えていたが、和田義盛の乱に敗れ、越後国奥山荘(現新潟県胎内市)に逃れた。その子家盛が承久の乱の功績により上総国夷隅郡(千葉県勝浦市、御宿町)と尾張国愛知郡御器所(「ごきそ」現名古屋市昭和区御器所)を恩賞として賜りそこに子孫が定住した。
御器所の三河高橋庄にある猿投神社は、

山崎御器所の支配権を得た佐久間信盛 .佐久間信盛の伊勢神宮への返礼の書状は有名 です。

児島宮では女系のようだ。
佐久間家村ー佐久間朝盛和田朝盛ー二条為明ー宗朝多功宗朝ー本草甚九郎満盛ー孫五郎助安ー朝次弥平次ー信晴ー信盛ー正勝不干斎

嘉吉年間(1441~1444)、佐久間氏中興の祖と言われる佐久間美作守家勝
御器所八所大明神修理棟札に、 佐久間美作守家勝・佐久間右衛門尉信盛の名が見える。
三貫」と佐久間氏の先祖が見える。
朝盛は三浦義明の一族で和田常盛の子であるが、佐久間家村の嫡嗣子となった人であると伝わる。

文安三年(1446)佐久間孫五郎助安は、民部丞の官途吹挙状を得ている。『龍興寺文書』
小川乾坤院(知多郡東浦町)蔵の「血脈集」文明十一年(1479)条に「誠栄 サクマ平右衛門 尾州御貴所(御器所)」とみえる。

佐久間正勝長久手の戦いの時に蟹江城を守っていたが、家老の祖父前田種利の、裏切りと滝川一益に留守中に城を奪われるという失態を演じてしまう。

史料. 『中条家文書』; 『越後文書宝翰集 三浦和田氏文書』; 『上杉家御 年譜』. 『奥山庄城館遺跡』
 

天皇は平山というのは、天皇の原初は平山県、会稽(浙江省紹興市)夏王少康の子無余が封ぜられた国

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2016年 8月12日(金)12時10分20秒
編集済
  日本の天皇は会稽(浙江省紹興市)夏王少康の子無余に、始まったという、紀元千六百年前と、されている。
天皇は、筑紫国夜須、日本に移って、神武により、始まっている。
児島宮考古学研究室発表にしか、解説は出来ていない。
日本と中国の、福建省の関係は、児島宮に、留める。
一回目は神功皇后卑弥呼が、秦初二年の記述がある。
二回目は阿倍仲麻呂が春日で詠んだ句により、福建省との関係が見える。

ここで夜須の地名の起こりは、この平山県、会稽(浙江省紹興市)安邑が都、宮殿、台が、於かれていたという。
夏王少康の子無余について、天神七代としており、天神とは神、事天皇とある。これが神様の記載で、日本の始まる以前の、事となっている。
天皇はすでに、福建省、在して、居た事になる。
日本は朝鮮半島ととは、関係がなかった事は確実である。
早稲田大学考古学は、日本は五世紀後半の朝鮮半島から渡来したとしていて、不可解である。日本は五世紀後半開始説であれば敏達天皇時期であるが、記録が残されて、いないので、架空の論説でしかない。

天皇は平山と記載されているのは?
天皇は朝鮮半島には、なかった。
日本のウガヤ王の長男が新羅祖となり就いていたウリ公の記録により、解る。
あめの日矛、の女が、奈良の息長氏に嫁いで、生まれたのが神功皇后であって、神功皇后の朝鮮征伐により、一族は、不明確になっている。
どうやら日本説は、朝鮮というのが、間違いの、陶工の渡来に充てられたのは、ここからであろう。最近の調査で、桃山時代秀吉による、朝鮮陶工とは、ウガヤ王の新羅王により、祭祀の為に、伝わった陶工の末裔で、黒田長政は、児島宮から知りえたので、あろう、それが高取山の内が磯窯であろう。

日本のあるのは天皇は平山というのは、
天皇の原初は平山県、会稽(浙江省紹興市)夏王少康の子無余が封ぜられ
た国で、中国古代の、会稽(浙江省紹興市)に天神七代の無余が、日本で
いうところの、天皇の発祥地とされる。
紹興市は中華人民共和国浙江省に位置する地級市。 ウィキペディア

紹興市一帯は新石器時代中期に小黄山文化が興って以降、今日に至るまで9000年近い歴史を有する地域である。 夏王朝のころ、越、もしくは
大越と呼称されていた。時の大王・大禹が治水工事を完成させた。
ここで天皇とは、夏王少康の子無余の末裔しか、天皇とは、言えない。
折、これに協力した地元豪族長らを集めて慰労と弔いの酒宴を付近の茅山で開催する。このとき、作業中に死亡した多くの人員らの遺体をこの
茅山に埋葬したため、茅山は「会稽山」と改称されることとなる。
これが後に続く「会稽」の地名の由来となった。
春秋時代の紀元前490年、越民族らが中原王朝から独立し、会稽の地(今の紹興市の旧市街地)を王都ととする越国を建国する。以後、紹興市
は2500年の歴史を有する古都として今日まで存続していく。
そして、戦国時代初期に越王の勾践が呉国を破り(臥薪嘗胆のエピソード誕生)、越国の勢力が長江・淮水の下流域一帯にまで拡大されること
となる(上地図)。
しかし、その越国も紀元前334年、楚国の威王により滅ぼされる。
こうして旧越国の諸侯らは楚国に服従することとなった。
もしくは、一部の旧越国の貴族や庶民らは、当時、閩と呼称されていた福建省方面へ逃れて、現地化していく者も多かったとされる(文化・民族的な混合地帯という意味で、以降、閩越の地と呼称されるようになる)。
その楚国も紀元前223年、秦国により滅ぼされる。翌年早々、秦国は江東の地に会稽郡(郡役所は呉県城【今の蘇州市】に開設)を新設する。さらに翌紀元前221年、燕国と斉国を消滅させた秦国により、中原の統一が成る。秦の始皇帝はすぐに、全国に中央集権体制の導入を図り、郡県制を施行する。会稽郡下には20を超える県城が設置されたわけであるが、そのうち、今の浙江省にあたる一帯には、山陰県、諸?県、上虞県、余姚県、句章県、鄞県、烏傷県、太末県、銭塘県、余杭県、由拳県、烏程県、海塩県などが配されていた(下地図)。

前漢朝時代、第七代皇帝の武帝は紀元前106年、全国に13州刺史部を新設する。
このとき、会稽郡は揚州刺史部の管轄下に置かれ、あわせて增剡県と余?県の2県が新設されて、会稽郡下には26県(今の浙江省エリアには18県城)が置かれることとなった。
これによりビン越(天皇)は、筑紫に移り、その地を夜須と定めた。
現、福岡県朝倉郡夜須(筑前町)である。

会稽.東冶の東を起点とする。郡至女王國萬二千餘里」
会稽東治とは、禹が会稽山の東を治めたという意味で、現在の浙江省紹興市にあたる。
紀元前 233 年には秦朝が会稽郡. を置きました。
神社には、なにがしかの、創生が秘められている - 児島宮歴研会考古学http://d.hatena.ne.jp/muoon/20160717
神社には、なにがしかの、創生が秘められている  ...天神(神代)七代の無予です、日本の紀元前の祖となっています。


中国古代,春秋戦国時代の侯国,都は会稽(浙江省紹興市)。夏王少康の子無余が封ぜられた国という. 会稽山】より. また秦の始皇帝も禹をまつって石碑を建てたという(秦望山という別称はこれによる)。この付近は古代の越国の中心で,杭州 http://d.hatena.ne.jp/muoon/20160717

紹興蘭亭
蘭亭は紹興市の西南12.5キロの蘭渚山の麓にある。春秋時代に越王句践がこの地に蘭の花を植えたとされ、漢代には駅亭が設けられた事から、蘭亭と名付けられた。現在の蘭亭は1548年(明の嘉靖27年)郡守沈啓に造営されたもので、その後も整備が繰り返されたが、1980年に全面修復され本来の姿が再現された。面積は2.27万平方キロある。
越王台と越王殿 (「会稽」は「越」の国の都で、紹興の昔の名前です。
http://www.iobtg.com/C.Shaoxing.htm
 

日本の文明は、ウガヤフキアエズ平山天皇により創生された。創生とは生み出す事 それが記紀に、記されている

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2016年 7月18日(月)19時33分39秒
編集済
  日本の文明は、ウガヤ平山天皇により創生された。創生とは生み出す事 それが記紀に、記されている。平山が日本の天皇である事が、判明したのは、奈良田原の神武宮殿の土器の出土と、今年発見の、奈良より、見つかった、軒丸瓦当ての雲巻き瓦と蓮弁の軒丸瓦当ての、児島宮考古学研究室の発見につづいて、岡山の吉備津宮の賀陽神官裔という、黒田藩の貝原益軒の菜根譚の、掛け軸の箱に記されていた、古代中国福建省へい山平山の地鉄から、天皇と呼ばれていた、ビン越無渚の治城の雲巻き瓦と蓮弁の軒丸瓦当てが一致したにより、ウガヤの武夷宮の雲巻き瓦と蓮弁の軒丸瓦当てが一致していた事、ここで日本の神武宮殿の土器の線刻画出土と一致した事により、天皇は、日本よりも二百年前の漢の劉邦時期に、呼ばれていた事が、児島宮考古学研究室が、解明した。
まだ中国では、児島宮考古学研究室が解明した事は、判っていない。

中国の天皇は香港の客家の故郷はてんのう、として、大切に扱われているという。
これと日本の祖ウガヤの平山御陵と系図にあるのは、今年2016年、児島宮考古学研究室が、解明した。
日本の考古学は、天皇の事を、まだ何も判ってはいない。中国さえも、も判ってはいない。

ここで神武天皇としたのが、夜須の名により、始まっていた事が、奈良田原の土器に描かれた、神武宮殿の土器の線刻画出土と一致した事で日本の古代が、鮮明になった。

ここで、平山からウガヤの天孫降臨が、降臨とは、創生されたという、事で、古代中国福建省へい山平山から、渡って来た事をつき止めた。
新聞に、大発見が載らないのが不思議である。不可解



 

Re: この土器は奈良田原の土器に描かれていた、屋根に天皇マークが、判った、

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2016年 7月 6日(水)15時33分48秒
編集済
  > No.68[元記事へ]

唐古遺跡 線刻画と復元 雲巻き模様


土器に描かれた線刻画 雲巻き模様(天皇)

貝原益軒出身の備中国吉備津宮は知るべき人だけが知り得た項目であった。箱書きの標示雲巻き模様の事。
 

中国前漢、時代のビン越国王が日本の天皇へなっていた事が、天皇の標雲巻き、模様が、一致している事が、判った

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2016年 7月 6日(水)14時42分1秒
編集済
  中国前漢、時代のビン越国王が日本の天皇へなっていた事が、日本の天皇の標雲巻き、模様が、一致している事が、判った。
奈良田原の神武天皇宮殿を描いていた、土器のヘラ書きの、屋根に描かれていた、標雲巻き、模様と、奈良から出土していた、軒丸殻を当ての、標雲巻き、模様(天皇印)と、福建省?山平山地鉄駅工事時に、発見された、ビン越国王、無渚の治城から出土した、中国前漢、時代の軒丸殻を当で、中国前漢以前には、なかったと、されていて、貴重な、日本の瓦の、産地で、あった事が、五世紀説を、五百年さかのぼっていた事がこれで判明した。
更に先月ヤオオクで、
http://6729.teacup.com/siyujin/bbs

岡山の吉備宮の神官賀陽、、の出身、福岡黒田家の貝原益軒の書軸の、箱に、記されていた模様が、奈良田原の神武宮殿のと一致し、人間の生き方が、

天地有万古、此身不再得。
人生只百年、此日最易過。
幸生其間者、不可不知有生之楽、
亦不可不懐虚生之憂。

天地は永遠のものであるが、この身を再び得ることはない。
人生はせいぜい百年で、月日はどんどん過ぎてゆく。
幸いに、この世に生まれた者は、生きている楽しみを知り、
無駄に過ごすことの無いように心得ていなければならない。

菜根譚(さいこんたん)の一句、天地は万古の箱書きの標示に、貝原益軒出身の備中国吉備津宮を創建したのは、なんと、平山天皇?だった、平山天皇?の発祥地は、二年前に、児島宮考古学研究室が解明した。
天地は万古の箱書きの標示雲巻き模様が、菜根譚(さいこんたん)を解明する事が出来た。
天地は万古の箱書きの標示雲巻き模様が、http://news.changlenet.com/story/76000/ 貝原益軒出身の備中国吉備津宮と一致していた事が判った。
貝原益軒出身の備中国吉備津宮は知るべき人だけが知り得た項目であった。箱書きの標示雲巻き模様の事。
 

日本の歴史が見えたと児島宮考古学研究室、須恵器は朝鮮半島から日本開始は白紙に

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2016年 6月23日(木)16時53分38秒
編集済
  須恵器は朝鮮半島から日本開始は白紙に、なった。

それは日本の天皇の、開始が、
菜根譚(さいこんたん)の一句、天地は万古の箱書きの標示に、貝原益軒出身の備中国吉備津宮を創建したのは、なんと、平山天皇?だった、平山天皇?の発祥地は、二年前に、児島宮考古学研究室が解明した。
天地は万古の箱書きの標示雲巻き模様が、菜根譚(さいこんたん)を解明する事が出来た。
天地は万古の箱書きの標示雲巻き模様が、http://news.changlenet.com/story/76000/ 貝原益軒出身の備中国吉備津宮と一致していた事が判った。
貝原益軒出身の備中国吉備津宮は知るべき人だけが知り得た項目であった。箱書きの標示雲巻き模様の事。

大きな手掛かりになった時。
2012年11月8-11日に工事が開始中国福建省屏山平山のビン越の治城が、発見され、そのビン越の治城の軒丸瓦当て、が最古とされていて、日本に伝達された経過が解明に至った、のは児島宮おいて外には出来なかったのは言うまでもない。

マスコミが、貝原益軒出身の備中国吉備津宮は知るべき人だけが知り得た項目であった。箱書きの標示雲巻き模様の事。を、取り上げないのは?明治以降の捏造された、日本の天皇では、なかったと、国民が事実を、知ったら、菜根譚(さいこんたん)の如し、になる。


『菜 根 譚(さいこんたん)超訳』http://www.saikontan.net/choyk/

天地は万古(ばんこ)有るも、此の身は再び得られず。 人生ただ百年、この日最も過(すご)し易し。

天地は万古(ばんこ)有るも、此の身は再び得られず。

人生ただ百年、この日最も過(すご)し易し。

幸い、その間に生まるる者は、有生(ゆうせい)の楽しみを
知らざるべからず、亦(また)虚生(きょせい)の憂(うれ)いを懐(いだ)かざるべからず。


天地は永遠のものであるが、この身を再び得ることはない。
人生はせいぜい百年で、月日はどんどん過ぎてゆく。
幸いに、この世に生まれた者は、生きている楽しみを知り、
無駄に過ごすことの無いように心得ていなければならない。

天地は万古(ばんこ)あるも、この身は再び得られず。人生は只だ百年のみ。此の日最も過ぎ易し。(菜根譚 ...


天地はその始まりより無窮でその営みは千変万化すれども、
変わることはない。
しかし、この身は一旦土に帰れば二度と再び得ることは出来ない。
人の一生は、どう観てもせいぜい百年がいいところ。

しかも、月日は無情にも瞬く間に過ぎてゆく。
折角この世に生まれ出たからには、その生を十分に楽しみ、
いたずらに虚しく過ごすことの無いように心得なければならない。

天地は万古に有るも、この身は再び得ざるなり。 「天地は何万年も存在するが、この身は二度と生まれてくるわけではないのだぞ」

盤古は天地創造の神であるから、時系列で考えれば人類創造の神(または偉大な人物)である伏羲・女媧よりも前に存在したことになる。




 

福州屏山地?站下藏古城 ?越王曾在此建城

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2016年 5月12日(木)12時48分14秒
編集済
  2011年07月28日 13:50
http://news.163.com/15/0325/08/ALHPB5KI00014AEE.html
福州の平山駅の 3 月 25 日 (海峡メトロポリス毎日ジャーナリスト麗 Xihui/温 Baohua/写真) の言及に「漢宮"現れる"宋の川」、「福州市の変更"、他の言葉。 昨日、記者は、考古学的発掘の最後の週を開始するにはその Ping シャン駅東入口を学んだ。

福建省博物館の専門家、ye Ping シャン ロード、トング レーンだけでなく漢王朝の遺物が見つかりました

発掘調査が地下鉄本線が考古学的発掘中、平山駅東入口建設の工事に影響がないことがわかります。


平山、福州の偉大な考古学的発見の考古学は、福州の関心事です。 福州地下鉄の考古学の Ping、駅が、福州の多くの人々 の心にも触れています。

文化遺跡は、福州市局から学んだ平山駅東入口

掘りを再開する地下鉄平山駅   (地下鉄ライン 1 線平山の駅) ~ 2014年年 1 月.

王朝宮殿 minyueguo 特殊品「万歳」とも 3 ハン王朝井戸の遺跡を発掘しました。

福州、福州チーム スタッフ ライン 1 地下鉄線平山駅建設現場ときに、最近のニュース ネットワークは誤って犯罪現場の調査、予備的な判断の考古学専門家の数の後豊富な古代建築材料および貴重な文化遺跡を発掘、ここでは 2000 年以上も前、分越王国の宮殿の遺跡。

これで日本の、てんのお、の先が、福州平山である事を確認した。日本はここから、はじまっていた。


 

奈良田原の唐子鍵遺跡出土の雲巻瓦当が福州屏山平山治城の雲瓦当と 一致、てんのお、とは

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2016年 5月12日(木)11時58分52秒
編集済
  奈良田原の唐子鍵遺跡出土の雲巻瓦当が福州屏山平山治城の雲瓦当と 一致、てんのお、とは日本よりも、古く前の時代に、中国福建省屏山平山県、の治城に、見えていた。

12月13日,福州市地鉄屏山站考古探方?壁??
http://news.artron.net/20131211/n545397.html ?越古城?迹的

福州鼓屏路地下,藏有西??越国?殿?址!2012年12月12日,福州考古?工作人?在地?1号?屏山站工地内?掘出大量古代建筑?物,

http://baike.baidu.com/view/9759522.htm 出土瓦当
宮殿レベルに漢陶器から出土 http://www.315ok.com/leftview_mod.php?id=409604
西??期的陶片,上面的水波??案是明?的?越族特征
?是在西?地?中??的筒瓦,属于?越王城?殿?址留下的建筑?物
西部ハンの王朝の初めに Minyueguo を設立、福建の越 (子孫) なしの頭ショック秦、項羽と劉邦を助けた、ハン皇帝の手で死亡した後、皇帝ウーを出す分後、その都市破壊、人々 は JAC に移動されました。 ビン越の 。http://www.microsofttranslator.com/BV.aspx?ref=IE8Activity&a=http%3A%2F%2Fhis.snnu.edu.cn%3A8000%2Fforums%2Ft%2F18742.aspx


http://news.changlenet.com/story/76000/




考古学での須恵器というのは、福建省屏山平山県ては、瓦質磁器か、灰色瓦質磁器と、呼ばれて、いる瓦質磁器の事である事が判った。
 

今の日本に文明などありはしない、文明てなんだー

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2016年 3月 2日(水)12時22分53秒
編集済
  文明てなんだー

文明とは兎歩と同義語

歴史とは何か?それは、対称移動により重なる)ことである。それらの「形」が等しい事。
「古代歌天楽調曲」 音曲は同じ口調で、発す、 華夏人の天楽
兎歩と同義語

児島宮とは、「兎歩(うほ)」の原点となっている。児島宮とは、てんのう、と、中国の、ひらやま県はいう。兎歩と同義語。 やまたいも、兎歩と同義語。日本も兎歩と同義語。扶桑も竹枝も兎歩と同義語。夜須と福建省?山平山は兎歩と同義語。

縄文時代には千年間もあるというが、なんの記録も無いから文明、文化はなかったのである。
ここにも文明って何だかわかりましたか?

昨日、新聞等で、弥生年代?が突然、出てきました?

この文明なるものを説明しますと、
このように、なっていた。
嘘で、はびこる、のは歴史、文明、考古学には、あたらない。http://6729.teacup.com/siyujin/bbsとこのように、相対、同義語、関係に、なっているのが文明なのです。


土器と日本の開化は、隋よりも七百年前に、夜須に於いて、硬質土器が生産されて、いた事がまるで、前後逆になっていて、七百年間が空白になっているのです。
児島宮考古学研究室は、硬質土器開始を立証すべく、調査しています。

須恵器と朝鮮から移動してきた人たちが、大阪、吹田の陶邑に土着して、北部九州朝倉窯に、もたらされたと、なっているのは、でっち上げにすぎない。
NHKテレビの時代劇ドラマのように、
考古学協会や教育委員会文化財課は、歴史は考古学界では、なかったと言えよう。

三雲・井原遺跡では、楽浪系土器も50点以上出土しており、糸島市教委は「楽浪郡や中国との間で交わされる外交文書などが伊都国で作られた可能性が高まった」としている。
三雲・井原遺跡

伊都国の王都とされる弥生時代から古墳時代にかけての集落・墳墓遺跡。福岡県糸島市東部の瑞梅寺川と川原川に挟まれた地域に位置する。三雲南小路王墓や井原鑓溝(やりみぞ)王墓で約80点もの銅鏡が見つかったほか、今回のすずりが見つかった三雲番上地区ではこれまでも数十点の楽浪系土器が出土していた。

ここで誰も、五世紀前半の古代九州に、文明がなかったとしていたのが、
これで、児島宮考古学研究室なくしては、弥生年代の立証は、出てはいなかった、歴博の今村峰雄氏に、児島宮考古学研究室が告げたのが、はじめであった。
今ここに、確定しているのは、児島宮考古学研究室なくしては語れない。

1日、同市の三雲・井原(いわら)遺跡で、弥生時代後期(1~2世紀)のものとみられるすずりの破片が出土したと発表した。同遺跡は3世紀の中国の史書「魏志倭人伝」に登場する伊都国の王都があったとされ、中国の前漢時代から朝鮮半島北部に置かれた楽浪郡製と同形式の土器も多数出土している。http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_toshiken/article/227991


硯の破片
.
弥生時代後期、福岡で出土

ここでは中国・前漢が朝鮮半島支配のために設けた「楽浪郡」 製の弥生後期とみられる土器が多数見つかっているため、市教委はすずりも同時期 の1~2世紀ごろに楽浪郡で作られたとみている。

市教委は「伊都国では、楽浪郡からの渡来人が外交を担っていたと考えられる。 中国からの賜り品への返礼書などを作るため、半島から持ち込んだのでは」と 推察する。

このように児島宮考古学研究室を差し置いて、発表したのは、著作権の侵害にあたる。
文明というものは、前に?二十年前に、発表されていたのに、無視していたのに、今になって発表しているのは、著作権の文明侵害にあたるという訳です。





 

歴史も憲法も、この誰かの書いた、筋書き、脚本された、時代劇と同じになって、見ているに過ぎない

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2016年 2月 6日(土)17時21分38秒
編集済
  教育委員会文化財課に、まるっきり、知識が無いとは素人と同じという意味、故に真実にも近づけていない。
発掘調査しても、記録は、書けないのだが? 報告書は、ほとんどが、誰かの書いた、筋書きでしか、なかった事になる。
テレビの歴史物が、この誰かの書いた、筋書き、脚本された、時代劇と同じになっている、これが考古学ではないのだが?
おもしろいだけで、良いという、教育委員会文化財課や国会政治も似たり。

驚く事に?教育委員会文化財課の発掘調査して、復元作業しても、破却して捨てているという、事は、消滅だけで、期間はみじかく、食品の賞味期限に、同じではないか。
日本国憲法もこれと、そっくり同じて、国民は、それを、まるっきり、知識がないので、理解は出来ていない。何の為の役所なのか、国会があるのか、納税の意味でさえも、国民は何も、判ってはいない。これらは、ほとんどが、しても、破却して捨てているという、事に過ぎない。今の日本のすべてが 約束は半年以下か?

歴史も憲法も、この誰かの書いた、筋書き、脚本された、時代劇と同じになっている事になる。

歴史も憲法も考古学者も同じで、電気類の保証書の期間が一年で、消滅の、ごときものだった。
政治も公務員も、保証書の期間が短く、憲法さえも、消滅の、ごときものだった。
安倍政治は、書き換えて、脚本家如きで、TTPやマイナンバーは、書き換えて、知識が無い国民には通用しないのであるが、長く続くとしているのは、騙されるという事。賞味期限は短いとは国民は何も知らない。
公務員は何故税金泥棒と同じなのかが、公務員はこの誰かの書いた、筋書き、脚本された、時代劇と同じになっている事になる。
国民には必要ない?破却して捨てているという、事は、消滅だけで、期間はみじかく、食品の賞味期限に、同じではないか。

 

神武天皇は、夏王朝の子孫で、越王無予、天神七代の無予末裔の中華、ビン越丑王の子、それが土器の雲巻模様に見える

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2016年 2月 6日(土)17時07分8秒
編集済
  神武天皇は、夏王朝の子孫で、越王無予、天神七代の無予末裔の中華、ビン越丑王の子、それが土器の雲巻模様に見える。児島宮考古学研究室発表

失礼ながら、文化財課の知識がないでは、すまされないでしょう。
発掘にも真正になって、ゐないようでは、歴史的に発掘は真正な物であるか否か?

この奈良田原唐子鍵遺跡で出土の宮殿の線刻画の屋根には、四隅の先端に取り付けられているのが、日本の古刹の丸瓦当で、考古学者文化財課の見識は、低く、誰にも知られていなかった。


ひらやまとは、古代中国では、天皇てんのう、とは、越王の夏王朝因に、因があった事を、児島宮考古学研究室が付きとめた。

これまで中国でも、平山=天皇とは、平山県に因し、越王が「てんのう」と、呼ばれていた事が、香港の客家の、流れと、なっていた事を明らかにした。

日本には、てんのうの国とされていた、のであった。天皇の住む国日本だった。

世界でも天皇とされるのは、中国の紀元前までの、ビン越人の皇帝となっていた事も解った。

明治以降の天皇は、天皇ではなかった事も、見えてきた?天皇と呼ばれるのは、因が越人の皇帝だけであった。今の皇室も宮内庁も、皇帝天皇とは、まったくの別人だった。山口田布施は北朝鮮人部落だった事は、ネットで検索すれば、北朝鮮人と出ている。

これまで政府が隠し続けていた天皇が、実は、北朝鮮人だった事は、本当だった事を明らかにした。
今の国民や政治家の程度が、低い事が露呈した。

国民は、何故日本に天皇が、始まったのでは、なかった?、神武天皇は、何故初代の天皇に、なれたのか?が、日本の紀元前何年に、始まっていたのである。
天皇はやはり、朝鮮半島では、なかった事か、奈良田原に、始まった紀元前五十年前に、都となっていたのは、間違いない。奈良田原唐子鍵から出土の土器に線刻されていたのは間違い無く宮殿が都で、?文化財課も知識が、持ち得ていなかったので、紀元前の事も、見えて、いなかった事は、考古学に於いて、遅れていたのである。

神武天皇が日本に存在した事態が、越人の皇帝との繋がりを、明らかに、している。
これが違うと、いうのなら、日本も無く、天皇も、なかったであろう。

考古学者に尋ねる?汝らは日本と天皇を、まるっきり、理解してはいない?
それで考古学者と言えるのか?
日本語は、朝鮮や韓国の文字というのか?まるで国語の知識が無いのではないのか?

日本の着物は、朝鮮や韓国が着用して、いたのか、問いたい?
平安時代飛鳥以前の生活様式は、朝鮮半島と、まったく、同じと、見ていたのか? それさえも知識が無いというのか? では、考古学も、危ういというべき、だろう?
よくも、何時代と、よく、言われた、ものだな? 嘘ばかりなのか?歴史事態が?おかしい。

 

神武天皇は、夏王朝の子孫で、越王無予、天神七代の無予末裔の中華、ビン越丑王の子、それが土器の雲巻模様に見える

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2016年 2月 6日(土)10時59分36秒
編集済
  神武天皇は、夏王朝の子孫で、越王無予、天神七代の無予末裔の中華、ビン越丑王の子、それが土器の雲巻模様に見える。児島宮考古学研究室発表

失礼ながら、文化財課の知識がないでは、すまされないでしょう。
発掘にも真正になって、ゐないようでは、歴史的に発掘は真正な物であるか否か?

gg

 

奈良田原の唐子鍵遺跡出土の雲巻瓦当が福州屏山平山治城の雲瓦当と 一致したと、児島宮考古学研究室

 投稿者:児島宮歴研会著作製作  投稿日:2016年 1月11日(月)18時48分25秒
編集済
  奈良田原の唐子鍵遺跡出土の雲巻瓦当が福州屏山平山治城の雲瓦当と 一致したと、児島宮考古学研究室が2015/12/23日発表した。

福州屏山平山治城のビン越無渚は、夏王朝の天神七代無予の末裔で、日本では、紀元前祖にあたる王であり、ビン越無渚

越丑王の子神武天皇は、夏王朝の子孫で、越王無予、天神七代の子孫末裔が、治城の無渚で、百越の王であった。

戦国時代に楚によって滅ぼされた越人がこの地に逃れ、現地の百越族と共同して樹立した。存在期間は紀元前333年から紀元前110年頃とされる。特に紀元前202年前後の半世紀は国力が充実し、当時の中国東南部最大の国家勢力となった。閩越王無諸が城村(現在の福建省武夷山市興田鎮)に築いた王城はこの地域最大の都市となった。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%B3%E8%B6%8A
無諸の死後、その子孫の間で内訌が発生し、しばしば内戦に及んだ。そうした中でも北方の東甌、南方の南越を攻略し、百越諸民の服従のみならず周辺諸国の朝貢をも実現し、前漢南方の一大勢力となっていた。

東越王余善の時期には「武帝」の玉璽を刻印し、皇帝として自立、反漢の兵を挙げた。この時期の漢朝は武帝の治世下で国力が充実していた時期であり、地方勢力の強大化に反対していた時期である。武帝は匈奴を攻略して北方を安定させた後、数十万の兵を閩越に派兵した。同時に漢朝は閩越に対して政治工作を行い、一部勢力を漢朝に帰順させることに成功している。事前準備を整えた武帝は紀元前110年、大軍をもって閩越を江淮の内地へ遷すことを命じたが告げず、閩越十万人は、九州筑紫の夜須を、開いたのが、日本の始まりとなった。

ここに夜須のひらやま越王(ウガヤ越縣丑王)は、現松延、に平山城宮殿を建て、五十年間、筑紫城と呼ばれていた。朝倉一帯から筑紫、久留米、筑後、佐賀、唐津、の王としていた。
紀元前五十年前に、東征が始まり、軍、出雲、島根民を配下に引き連れ、遂に奈良の田原を、唐子鍵として、神武天皇と名乗った。
父であるウガヤ尊は、夜須に、平山陵墓の中に眠っていた。
この平山御陵は鷲尾御陵の事で、筑紫一帯は昔より、てんのう御領地として、七世紀の文徳天皇記の中にも、記録されている。この時の大宰府政庁は、てんのう御領地となっている。

ウガヤ尊は、夜須に、平山陵墓の中の、平山てんのうの、王冠には、三山がデザインされている。
玉依姫の?には太陽がデザインされていた。今から二十年前の事である。


三山がデザインは平山天皇に因んだ模様となっている。
この、てんのう、のデザインのように、因んだ模様となっている。あたかも、日の丸には、国に因んだ模様となっている。

今、初代神武天皇の宮殿には、夏王朝に因んだデザイン(形象)が、息づいていた事が明らかに、なっていた。さんざんかん【三山冠】冠の一。






 

福州屏山平山治城の雲瓦当が奈良田原の唐子鍵遺跡出土の雲瓦当が一致したと、児島宮考古学研究室が発表

 投稿者:児島宮歴研会著作製作  投稿日:2015年12月27日(日)16時47分11秒
編集済
  福建省福州屏山平山治城の、巻雲の雲瓦当が王室専用の出土軒瓦という。
ここに、福州屏山平山治城の雲瓦当が奈良田原の唐子鍵遺跡出土の雲瓦当が一致したと、児島宮考古学研究室が発表。
これにより神武の祖先は福建省福州屏山平山治城の無渚、で、児島宮考古学研究室が、インターネットで、夏后七代の祖は越王無予、その末裔が、ビン越王の無渚となっている。このビン越王の無渚が、平山を名乗ったのであろう。今は、ビン越無渚から、地名から起きていた事が判りました。


写真の上は福州屏山平山治城の無渚の巻雲の雲瓦当が王室専用とある。
写真の中はウガヤ牛王の武夷山城村出土雲瓦当王室専用
写真下は田原の唐子鍵遺跡出土の雲瓦当王室専用

巻雲の雲瓦当は中国福州屏山平山治城では天皇専用とある。これで、奈良田原の唐子鍵遺跡出土の雲瓦当が神武天皇の宮殿である事が判る。
これまで神武天皇の存在すら、判明していなかったのに、解明できた。
ここで国民の皆さんは、ウガヤ尊の、墳墓が天皇系図に平山御陵とされているのを、思い起こしていただこう。神武の祖は平山に在していた。敏達天皇も祖は平山としていたから、平山としていた。舒明天皇も、平山祖となっている。


天皇は何故平山を、名乗っていたのか?が、雲瓦当は、天皇専用とあり、福州屏山平山治城在、地名平山に、起こりがあったことが解明し、判明したと児島宮考古学研究室。

考古学に携わられている方々、全国教育委員会、文部省の方々には、お気の毒ですが、これから日本の歴史を伝達するには、勇気ある態度で向かわれますよう、祈ります。
 

奈良県磯城郡田原本町の唐古・鍵(からこ・かぎ)遺跡は神武天皇の宮殿と児島宮考古学研究室が、12/13日発表している

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年12月16日(水)16時14分34秒
編集済
  奈良県磯城郡田原本町の唐古・鍵(からこ・かぎ)遺跡は神武天皇の宮殿と児島宮考古学研究室が、12/13日発表している。

糸を撚る紡錘車は朝倉郡筑前町一帯から出土していた部品と同じ時期がわかる。
唐古・鍵ムラの渡来系が、どこから、なぜやって来たのか?それは、夜須と農具が同じ事で一致している。夜須と農具の惣利木製工房で発祥が確認できる。http://kodaisijiten.web.fc2.com/sorimokseikuvo.html

神武天皇の宮殿の解説

唐古・鍵遺跡の出土した土器に描かれていた多層式の楼閣の屋根に見える、雲の屋根隅は、浙江省中国福建-城村?城?址や、地?屏山站挖出土の瓦当と同じ、皇室専用瓦当模様である。
2015/12/13日に、日本の古刹の瓦当、を児島宮家は手にしていました。日本の瓦の発祥は、朝鮮半島から五世紀後半の、百済から、瓦職人が伝えたのが奈良の寺院の丸瓦当の菊の花模様と、言われていたので、五世紀前半は日本には瓦当は、なかったと、なっている。

日本の根底が見落とされていたのは、五世紀前半は日本には磁器須恵器、瓦当は、以前には、なかったと、なっている。

これが決めて、浙江省中国福建-城村武夷城遺址や、地下鉄平山駅、屏山站挖出土の瓦当と同じ、皇室専用瓦当模様である。
この模様は、いずれも夏王朝の天神七代の越王無予の裔の越王勾践の裔の無渚の、治城の丸瓦の瓦当が、皇室専用瓦当模様である。児島宮の先祖にあたる、越王勾践、児島高徳も、取り上げて、いたことから、すぐに
皇室専用瓦当模様雲に気づいた。

見落としていた、日本の根底が奈良に、あった事は、神武東征でも、奈良にあることは、知られていたが、その以前の、地は、漢の武帝のとき、以降の事になる。

これを知るには?二十年前に、児島宮考古学研究室  が発行した、卑弥呼二世紀の女王、が夜須に来たときに、筑紫城はいずこに?と、筑紫を巡回したことは、知られていて、因の地名が夜須には残っている。
ここ夜須は、卑弥呼の住まいの奈良、唐古・鍵遺跡である事も、確認できた。

ここに児島宮知らずに、奈良は一致しないだろう。
又ウガヤ尊の平山と、その先、地下鉄、平山駅、屏山も、一致ている。敏達、舒明天皇も平山祖、ゆかりの平山駅、屏山治城である。
児島宮考古学研究室  が発行した、『卑弥呼は邪馬台国の王ではなかった』と、『豊葦原国から邪馬台国夜須へ』にも載せているので、ご覧ください。




 

越国宮殿治城址露面(地鉄) - 調査現場と一致したところから、日本最古の瓦が、神武天皇宮殿からも、出土した事を明確にしたと

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年12月15日(火)09時00分53秒
編集済
  日本最古の瓦を、発見した児島宮考古学研究室は、この瓦と同じ、瓦が地?屏山站挖出古代建筑 ?越国?殿?址露面(??) - 調査現場と一致したところから、日本最古の瓦が、神武天皇宮殿から、出土した事を明確にしたと発表した。

遂に日本人の、二千百年前の、中国浙江省の屏山治城から、移って来た事が明確になりました。
昔近畿から線刻画に、塔が描かれていた、画像も、中国浙江省の屏山治城から、移って来た事が明確になりました。
これで不明確だった、五世紀前半の五百五十年前の、年代確定も、児島宮考古学研究室の十七年前千葉の今村教授に、発表した通りであった。
児島宮考古学研究室の出版本によって、河姆渡遺跡の存在が、調査になった事、も児島宮考古学研究室の繋がりからであろう。それ以前は、中国では神話の域でしかなかったと認めている。

昔近畿から線刻画に、塔が描かれていた、画像や角田遺跡から出た土器片に描かれた線刻画も、日本人の、二千百年前の、中国浙江省の屏山治城から、移って来た事が明確になりました。
出雲と朝倉郡夜須のウガヤの、土地交換の記述、の信憑性が、明解となった事になる。

児島宮の祖先はこの、無渚の治城である。無渚の子孫が武夷城村の武夷城の丑王ウガヤである。中国では仏の祖、白馬三郎事、白馬寺であった。
二世紀の卑弥呼が三角縁神獣鏡を拝受したのも、白馬寺であった。

日本に稲作が、はじまったのは、無渚の子孫が武夷城村の武夷城の丑王ウガヤ失くしては、語れまい。

奈良唐古鍵遺跡の建築が武夷城の丑王の屋根上線刻画が天空を、示していた事を再発見した児島宮考古学研究室。

唐古・鍵遺跡 第九三次調査  古田史学会報 2004年 4月 1日 No.61
http://www.furutasigaku.jp/jfuruta/kaihou61/kai06102.html
この屋根には雲の標があり、中国浙江省の屏山治城瓦模様の天孫と一致しています。児島宮考古学研究室

これは、児島宮考古学研究室の調査により、205/12/23日解明したものである。
児島宮考古学研究室しか、中国浙江省の屏山治城とのつながりは、ありません。
その報道を見て、二つの気がかりな点がありました。
 一つは、この大型建物の建造時期です。もう一つは、中国・朝鮮系、及び九州系の出土遺物の有無です。
 この二点を確かめるべく、去る十月十九日に行われた現地説明会に行きました。
二一五〇年前の弥生中期中葉
 現地説明会資料にも、マスメディアの報道と同じく「大型建物は、柱穴から出土した土器から、弥生中期中葉(約二一五〇年前)に建てられたと考えられる」とあり、そのように説明もしていました。
 「二一五〇年前=紀元前一五〇年=紀元前二世紀中ごろ」が弥生中期中葉にな
っているのです。
現地説明では「最近の理化学的方法による年代測定で“弥生時代の始まりの時期”は揺れ動いているので、この大型建物の建造時期も“二一五〇年前”から動く可能性がある」とも話していました。説明会に行って、ますます分からなくなってしまいました。

その鍵は、池上・曽根遺跡(大阪府)出土の巨大建物柱根にありました。一九九六年に発見された巨大建物柱根は、奈良国立文化財研究所埋蔵文化財センター(当時)の年輪年代法による測定で、紀元前五二年に伐採された、という結果が出ました。土器形式による土器編年では「弥生中期後半の中ごろ=一世紀の中ごろ」と判断されていましたから、考古学界の受けた衝撃は計り知れないほど大きなものでした。その後の詳細な調査で転用材の可能性もきわめて少ないことが分かり、巨大建物は紀元前五二年に近い年に建てれたと判断されたのです。

唐古・鍵遺跡の環濠集落が継続していた弥生前期~同後期の間、此処を中心として中国・朝鮮と盛んに交流が行われていた可能性はきわめて低い、と言わざるを得ません。
唐古・鍵遺跡から南東四~五・の所に、弥生時代の終わりから古墳時代初めにかけての纏向遺跡があります。
とあるところから、
卑弥呼の宮殿まで続いていたのでしょう。

奈良県大福遺跡の木製仮面2013/6は、中国浙江省の屏山治城から、移って来た事が明確になりました。呉越同舟です。この時は、まだ学会は不明確なっていました。

唐古・鍵遺跡
?大阪府西部・滋賀県南部・三重県から愛知県西部・岡山県南部など各地の搬入土器が出土。
?木棺墓1基から弥生人の成人男性の人骨を検出。
?絵を描いた土器が多数出土。 ?そのうちの二つの土器の破片に「楼閣」が描かれている。楼閣とは、2階建て以上の高い建物のこと。巻き込んだ屋根飾りを付けた建物が6棟あり、格式の高い建物である。その中でも「楼閣」は巻き込んだ屋根飾りがたくさん付いているので一番格式の高い建物であることが推測できる。建物の絵を描いた土器は西日本の各地で46例見つかっており、そのうち15例がこの遺跡から出土した土器で、屋根飾りを付けた建物の絵はこの遺跡で6例、隣村の清水風(天理市)で1例あるのみ。

大福遺跡は、桜井市と橿原市にまたがる弥生時代前期から古墳時代までの集落遺跡で、「坪井・大福遺跡」と呼ばれています。坪井が橿原市域、大福が桜井市域ですが、同一の遺跡です。








 

姒の元祖は夏王朝の禹、禹の七代が天神の越王予で、日本の紀元前の祖にあたる、と児島宮姓は姒、考古学研究室が発表

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年12月 1日(火)19時35分49秒
編集済
  創世記時代の神々の子孫、神の子は人の女と交わったと書いてあります
日本神話においても、始原の神々とともに天地の創生が語られており、イザナギとイザナミという二柱の兄妹神が結婚し、主な島々や神々たちを生みもうけたという。

創世記のルーツがシュメール神話にある。シュメール神

伝説ではウガヤ尊は日本を作った神の子孫で姓は姒という、姒の元祖は夏王朝の禹、禹の七代が天神の越王予で、日本の紀元前の祖にあたる、と児島宮姓は姒、考古学研究室が発表。
画像は姒の元祖は夏王朝の禹 かんむり祖

伊勢神宮は神々の祖、アマテラス大神太陽で、天皇家の神に、つながる、あたらせる。天皇家の斎き祀る神々

天孫とは、天津神(浙江省夏后禹)の子孫のこと。

世界の神は、シュメール神とは別になる。生まれが、天ではないとされている、シュメール神は天におられる。天から天下りとある。
西洋は違う神になっている。

我が天孫民族の国家の発展は、「豊葦原の瑞穂国を安国と平けく治《し》ろしめせ」との天津神(浙江省夏后禹)の子孫のこと。のつながりの事也、依《よ》ざしを受けたもので筑紫の夜須。
安国は音で会稽の都の名で、夜須は訓である。
何故日の丸が児島宮、甚九郎儀平によって、日本旗になったのか?それは甚九郎の号にある。
安国は音で会稽の都の名で、夜須は訓である。甚?は音で神、九郎は九州の訓からなる。


いわねばならぬ、義を見て、せざるは、みな勇無きなり、児島高徳、








 

太陽神レリーフ イシュタル

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年11月18日(水)15時11分40秒
編集済
  イシュタルだけ「輪と棒」を2つ持っている(画像のレリーフ

シュメールの最強の女神イナンナ Inanna

支配者の印である輪と棒の組み合わせ
「創世記時代の神々の子孫

発見場所の正確な位置は現在のイラク南部
(リリーフ)にある輪と棒
 

ものの原点「日が昇るところ」から始まった

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年10月22日(木)10時26分23秒
編集済
  ものの原点がなければ後は続かない?
モノとはメソポタミアに始まった、創世記にある。
ものとは何か?

「日が昇るところ」から始まった、それは夏王朝に似ているが?
そのことは後にして、
世界で初めて農耕・牧畜の生活に入り、高度な都市文明を築いた、ものの原点がなければ後は続かない?

心豊かな暮らしに集約されている。これがものの原点である。
画像、この銅板レリーフには心豊かな暮らしに原点が集約されている。

画像、古代メソポタミアの太陽神レリーフ イシュタルは金星を象徴とする女神であり、金星を模した図形がそのシンボルとして用いられる。

日本では筑紫の、ひむかの、太陽の光の指す、たちばな、のおと(先)の、大木原とあり、夜須の篠隈を指す。

肥沃な三日月地帯 メソポタミア-シリア-パレスチナを結ぶ三日月形をした地帯は、最も早く農耕文明が成立した地域であった。北部の山岳地帯と、南部の砂漠地帯に挟まれ、オリエント文明の中心となっている。
エジプト文明とメソポタミア文明がおこった[太陽がのぼるところ]という意味をもつ地域をなんといいますか?

わが国は「一番最初に朝日が昇る国」である、との古くからの考えに基づくものです。太陽をかたどった「日の丸」



 

日本の風習文明は途絶えている

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年10月11日(日)14時02分15秒
編集済
  日本の風習文明は途絶えている
まず風習文明とは何か知らない現代人?
風習文明とは、対比関係のことなり、ふぎと、じょか、いざなぎ、いざなみ、例。

今の日本は文明のバブルが、はじけている? 現代風にいえば夫婦が離婚と同じ事。
どうして中が避けたのか?これなら今の日本が見えてくるだろう?

日本のすべてが、変わったといえる、これにより日本人として、一番大切なものが、消えた?
農業はTTPで、全滅、日本人は毎ナンバー制度で、断絶?その原因は韓国と北朝鮮による、平気でうそを吐くことから、起きた。日本のすべてに蔓延していた、?何?
大切にしているのを、路上で横取りするのに同じ意味?国会と司法は税金を国民から横取りしているのだ。
江戸以前にも山賊はその旅人から、すべてを横取りしていた事と同じ事が、明治以降にも、平然と起きていたのである。
さらに世界へ、横取りが横行していると、気づかねば、なんの意味が分からないだろう。
世界遺産やノーベル賞、世界安全協定なるのも?横取りの事と同じ。
オリンピックすら?横取りの事と同じ。
食文化さえ、近年外国に、日本はすごいと、いわれ、横取りの事と同じ。

すべてが、横取りれている事とは?感じていない日本人は、ほとんどであろう。
書き換えれば、日本だけの美意識が、学問より、高齢少子化になっていた?学問が間違っていたから?夫婦関係や、家族環境も、変わってしまったということ。

風習文明とは、対比関係のことなり、ふぎと、じょか、いざなぎ、いざなみ、例。

政治とは何だったのか?考えてみませんか?
警察とは何だったのか?考えてみませんか? ただ国民から、憲法により横取りでしかなかった、公務員と税制?
稲作とは日本の基盤だった?基盤とは資本のこと?により、できた、農工商である。資本主義は油田があるアラブ、がこれも狙われている?戦争とは、横取りすること。 憲法と警察は横取りを、率先している?
アメリカ大陸は殷人から、横取りしてで来た国、?似ているのは?

後は民主主義は国民が?選挙で選んで、国会政治となる、が?自由主義、社会主義や独裁主義と同じである、留まりは支配になり?それは、恩と奉公が、営なまれていないからである。

文明は、はじけているのです?無論横取りが平然と、する?






 

日本の風習が途絶えた?何も知らないのは風習も途絶えていた

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 9月27日(日)12時00分29秒
編集済
  日本の風習が途絶えた?
日本の風習が消えて無くなった今日?ケダモノと化している?
人間とケダモノの違いは?原理の上で成り立っていた人間の心理?とケダモノの違い?

ケダモノ…理性の無い人間
「けだもの」は畜生のような人間。人でなし。人非人。
しつけがなっていないケダモノはつないで飼う!
尖んがった振る舞いをする族

人間とケダモノの違いは「理性の有無」なんでしょうけど。

 

日本の前は何と呼んでいたのか?誰も知らない国とは

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 9月10日(木)12時25分13秒
  扶桑とか、倭国とか、呼ばれていたのは?朝鮮半島とはなんの、関係も、ありません。
考古学部門では
教育委員会文化財なる、部所があり、この枠は、日本民族は、朝鮮半島から渡来したとし、弥生土器とする、須恵器工人らが五世紀後半に、なってからと、
まるで天皇は、朝鮮半島から渡来したと決めつけています。

ではこの時の隋の国と、天子とは、まったく学者の方も、判っていないのです。
天皇は、朝鮮半島から渡来とは、まったく、あてはずれになっていた。

歴博の教授、春成氏や藤尾氏は一貫して、日本人は?、朝鮮半島から渡来したと、言われています。
ここには、日本の天子とは朝鮮半島から渡来したとは、どの書物にも記録されてはおりません。
魏志倭人伝の中に書いてあるのは、卑弥呼゛(247年)が、中国の皇帝へ献上したのは、奴婢と、記録していて、今でも歴史の域は、焦点は、大方、奈良から下って、福岡県にやって、来たという。
その頃漢が統治していたのが朝鮮三軍とされています。

高句麗、百済、 新羅には楽浪郡等が、魏王曹操によって、治められていたとあります、この中で、日本の天皇は、ほんとうに、居たのでしょうか?それは神代八代と『記紀』は、しているだけです。

では児島宮考古学研究室が、日本の歴史は?三国志の中に書かれてある、扶桑とか、倭国について、誰も語らなかった、扶桑とは筑紫を、いい、倭人の国とは、筑紫の東と、いい、この国には周の和氏達が住んでいると記録してある。
そこで、児島宮考古学研究室で、日田教育委員会文化財課に赴いて、聞き取り調査を、行いました。それは扶桑と倭国の範囲を、須恵器で、天円天神鬼神地方の葬送が、あるかないかです?

卑弥呼と言えば三世紀の中頃の人で、天円天神鬼神地方の葬送を
行っていたと、倭人伝は、記録しています。

ここに出ているように、須恵器は朝鮮半島から、始まっていたとは、まったく、いい加減でしょう?
須恵器は三世紀以降は、造られていなかったという事です。
ここで、誰も解説しなかった須恵器の用途根幹とは?三世紀の中頃の人で、天円天神鬼神地方の葬送を
行っていたと、倭人伝は、記録しています。 ここに、卑弥呼と中国の皇帝が、相似しているので、裏づけ、が取れましたね。

神功皇后の三韓征伐で、三韓は、倭の五王の時も、日本に貢献したと、記録があります。
この二百年後、時代は五世紀になり、
天皇は敏達天皇が隋に、初めて遣唐使を派遣していました、小野妹子の名が、記録してあります。

教育委員会文化財課なる、部所があり、この枠は、日本民族は、朝鮮半島から渡来したとし、弥生土器とする、須恵器工人らが五世紀後半に、なってからと、
まるで天皇は、朝鮮半島から渡来したと決めつけています。ここには間違いが、出ていますね?
それは、朝鮮半島は日本の飛鳥時代には、六百年前に神武天皇がいた事が判りますね?
それが扶桑の国とされる、越王丑王によって、出来た事が判ります。 それが日本の紀元年代も根源になっているのが、確認できます。そこで日本の始まりとは、中国浙江省の会稽安邑の越王祖の無予となっている。
すべてが合っていてそれが、扶桑なのです。 万事うまくいく

ここで、未発表の、朝鮮について、朝鮮という語句は、教育委員会文化財課も、不可解になっているから、すべて、朝鮮半島と語句していますね?
だが、朝鮮半島は、中国によって始まっているのは間違いありません。朝鮮といえば、殷の末に、紂王に、仕えていた、箕氏が、周国の武王に付いて家臣にはならずに、朝鮮を武王から宛がわれたのが始まりでした

時代は千年ほど後の頃、秦の始皇帝が周の楚国を滅亡させています、楚国の人は始皇帝の労役を嫌い、箕氏朝鮮の中の燕の国の内の中に、移動してその地を、しろう郡としました。新羅や百済の前身でした。高句麗の前身も、周の楚国の後です。
ここで、周の王は、みな、姫氏でした。
この姫氏を、倭とか和氏といいました、倭人とはつまり周の王下の人々の事をいいます。
 

中国洛陽の白馬寺は閩越(びんえつ)閩越白馬尊王是漢朝時閩越王郢的第三子

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 8月23日(日)19時32分24秒
編集済
  白馬寺は、河南省洛陽市街から東へ12キロほどの所に位置し、北に邙山を臨み、南は洛川に向いています。また「金剛崖寺」という古称。
紀元前111年、漢の武帝により閩越という国は消滅し、十万人が閩越から、北部九州に移り、日本とした。 児島宮は姓は姒

閩越國及南越國,?称三越。 ...... 愔等於彼遇見摩騰、竺法蘭二梵僧,乃要還漢地,譯《四十二章經》,二僧住處,今雒陽門白馬寺也。
白馬寺河南洛陽或祖地; ? 童話世界

福建民俗信仰と礼拝
地元の神々の第一に、神々
秦王朝には早くも伝説武夷6月  不滅の君主武夷、武夷山

福建省の一族のリーダーであってもよいこと神々の段階的な進化の影響。
武夷山武夷6月には、また、様々な伝説や道教におけるその影響に起因するものである洞窟第十六司祭三〇から六穴とした、「本当にティエンリットルの「福建省道教の普及のための中心地でした。

秦の始皇帝は中国を統一すると,閩越王の無諸を廃してここに 閩中郡をおいた。秦末に無諸は漢に味方したので,前漢の高祖は高祖5 (前 202) 年無諸を王とし,東冶 (福建省 閩侯県) を都として 閩越国を建てた。 越俗不好古,流傳失其真。
閩越(びんえつ)人の地。鎮=軍隊の所在地。 ... 馬車の苦痛。あれが白馬寺だ。後漢の創建。すぐ洛陽の町。

武威白馬寺遺址西藏拉薩堆龍德慶楚布寺本專題作者史金波1992年訪問楚布寺與小喇嘛在一起 .... 它們是古閩越風俗、中原風俗及海外風俗長期交合而成的。

?族祭拜「閩越王無諸」的「越王廟」。 天王殿. 大殿
白馬寺は洛陽の東12キロ、後漢明帝の時(西暦68年)に創建された中国最初の官立寺院。
オリジナルの純血種ミン部族、親族なし、結婚は、物理的腕前に、福建省と広東省の王英、彼の3番目の子のすべての子孫なしに、福建省地球フォームを変更しておらず、いわゆる人々の苦しみ、良い馬、 "白馬山ラング、「害から彼は、後に人々、そして邪悪なウナギの闘争について非常に懸念し、福州KWU陵うなぎの川
農家が川に浸すことを恐れています水は、山の薪をあえて、およびウナギ細かいいたずら、パフはしませんでした、距離の人はウナギの害を取り除くことができないフィールドに移動して、甘やかされて育ったです。
気になる州都、状態星空ステーションはビン越王を報告し、王は福建省の市民と軍大臣を召喚訴えた、広鄭梁は、サイレント、お互いに省について、少しを高めるために求めて、計画を議論ウナギを除く、すべての王子ホイ功を召喚していました。
それができウナギ害を除き、そのような海のドラゴンとして、あなたのナイフ:福建省西安は長男に尋ねましたか?  ビッグ王Changziは仰天します。

  福建王はイライラ次男に尋ねた:あなたはタイガースがそれができウナギ害を除き、山の射撃のうち、好きですか?  王子は、サイレント時代。

福建王はイライラしたが、3人の息子ゾウ陰に尋ねた:あなたは神のように矢印、ウナギ以外に害を及ぼすことができますか?  乗馬や撮影が得意で三人の息子と彼の率直な、太い眉毛、騎士道、勇気、彼は前方に来るが、彼の父に加えて、ウナギの害を蹴りました。ホワイト馬山第十七(今長楽湖南町エリア)肺ピーク丘ケースLeopardのヒョウ除くラング最初長楽、三郎二本の矢を発射、邪悪なヒョウがのどに撮影された、地面に腹が、進み出、ライブを見ましたヒョウは、石の後に呼ばれる、岩になった」岩のヒョウの変更。 "  三郎は、その後悪ヒョウを取り除く、尾根巨大ウツボ、ピット内に隠された巨大ウツボ、および30フィート長いドラムに加えて、バケットサイズを持っています。  クロス正午、三郎狩猟は、ヤマハ張ニュースキン、巨大ウツボを潜んで直接水たまりをストリーミングすると、三郎とほぼ同じであっても3本の矢、負の痛みからのカウンターで巨大ウツボキーは、三郎に見舞われたナイフ、血の山を刺しました。  ねじると昆布のフリック三郎縛られ、白い馬のneighingのに苦労巨大ウナギは、両側が死亡、白と18伴う護衛にもなる殉教に排出。

  三郎の死は、分までに危害から白い馬山ラングの人々は、尊敬人々である「赤智広ゆう王フー英陵があった」「白い馬の王」、彼を呼び出し、周囲に「雨の神のための秘書"の尊重と呼ばれています寺院の礼拝。

 

日本文明とは何か相対性の論理が文明の証。日本だけでは、文明とは為らない

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 8月23日(日)11時34分8秒
編集済
  夏(か、紀元前2070年頃 - 紀元前1600年頃 [紀元前2000年頃からとする説もある])は、中国最古と伝承される王朝。 ... 何の標準で文明を定義するか?

文明とは?歴史民俗用語。
古代文明神話はメソポタミアに始まった。いわゆる基準のこと。

「文明」と呼ぶ基準には、「これとこれを満たすものが文明です」日本の文明は児島宮にある。
歴史の始まりは、「文明」にある。互いに同じ。
文明の発生の契機が何か解っていない。

文明とは何か、文化とは何か、についてはさまざまな定義があります。これらの概念の定義を統一しないことには、お互いに思ったことが伝わらない、、相対性の論理が文明の証。

日本文明とは何か相対性の論理が文明の証。日本だけでは、文明とは為らない。


文明と文化の意味の違いについてわかりやすく教えてください
「文化」 という概念とは一次メソポタミア二次インダス三次エジプト四次中華、五次日本文化。同じ相対性の論理である。

相対性の論理「文明」「文化」
文化相対主義 文化の中においても共有する。
文化は優劣で比べるものではなく対等である。

質問にもある通り、相対性原理とは全てが等しくなっているという原理です。


 

何の標準で文明を定義するか天神地祇を中国古代の全宇宙の絶対神「太一(たいつ)」とする。

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 7月 9日(木)15時03分28秒
編集済
  発見は山東章丘龍山町のため名声を得て、およそ4350?3950年。分布は黄河の中下流の ... 末期龍山文化の陶器は灰陶器を主として、?陶すでに占有一定割合を、黒陶器の数が増えて。

夏王朝の陶器、主に初期のErlitou陶器、その形状、種類や装飾を参考に、基本的には龍山文化の陶器を継承しています。そこに粘土質材料陶器、陶器より砂、黒陶器、茶色の陶器の第二。古代文学 "モーメント?農業ピラー記事"の "陶朱ゆうくん、"アカウントは、夏くんファミリーの陶器や青銅メーカーが燃焼でその良いですしていた。

夏主に陶器のホイールシステム、一般的な鍋、皿、ボール、鍋、豆、三脚、蒸し器、GE、自動販売などが、(研削)の色の暗いと明るい美しく形作る。そこに伝説油脂によると、Xiahouはまだ黒です。 "漢飛?テンの章を持っていた、"赤の内側、外側の黒、犠牲としてゆうは言った。 Chengziマリーナ遺物CKSは明るい赤、黒と赤の陶器と呼ばれる暗い面を持っている。この細かい職人、また龍山文化仰より明らかに高いが表示されます。

夏王朝陶器表面、平野研磨のいくつかの食品、コンテナは、他のものは、光の顔ショットYixieで印刷されている間、静脈パターン、渦巻パターン、モチーフ、サークルパターン、花弁、パターン、およびいくつかのも撃たプリントバスケットをフレットパターンは、文字列パターンなどで市松。南部スタンプ陶器は、江西省、湖南省、福建省や他の後期新石器時代(夏王朝に相当)には、すでに登場していた。チンチヤンハード陶器の途中で見つかったアクロポリス遺跡の静脈パターンを構築した場合、炭素は、約4000年前にさかのぼる。ライト側刻まれたドラゴン、ヘビ、ウサギ、オタマジャクシの木目柄には、いくつかがありますが、個々のオブジェクトも食いしん坊とヌード肖像画が刻まれている。中部考古学研究所北西部、日付LI呂Ieguchi龍山文化のサイト間で10~15年を如家濰坊市で働いていた、いくつかの陶器は、石や他のアーティファクトを発掘。出土木炭のテストから、夏市チュアンに相当、3900年を中心にリリースされた。陶器は、縦、赤黄土、高アスペクトリットル足、肩、2と刻印エンボス言葉で発掘。陰陽実印通販形成し、アプリケーションは碑文陶器ショットで幾何学的なプリントの陶器で夏、殷の青銅製造図面、装飾、テキスト型と同様、陶器の技術からのものであり、死ぬだけでなく、証書および他のプロセスに刻ま神託の骨の碑文、連続練習、要約、改善、アプリケーションと徐々にフォーム。

陶器スタンプ、シャン陶器技術が広く発展している。初期のような鄭殷遺跡として北、14陶器窯を発見し、焼かれており、空白を発射せず、ショットセラミック、陶器の印象のようにした。その他河北藁Taihsiは、安陽市、河南省や他の場所での陰遺跡は、またハード陶器、白陶器、施釉陶器などのほかに、グレーの陶器をたくさん見つける。陶器が全体の90%以上で発掘最大の陶器を発掘し、ハードと耐久性、難燃焼、陶器のタイヤを減らすの使用です。調理三脚、GE、やかんなど、桂、豆、ボール、鍋など、壷、夕暮れ、ポット、尊敬など、縄文土器、バスケットパターンを撮影するのに便利なスタンプ装飾とコンテナと食器を食べる品種。南部地域での広い分布、多くの周りの甘川流域、湖、太湖沿岸、長江下流側、広東省、福建省、浙江省出土している。幾何学的には非常に多くの3つまたは??4つとして10種類、美しく色鮮やかな嫌がらせなどの陶器の技術開発は、そのパターンが感銘を受けて。江西Qingjiang呉市遺跡、ビューの5出土陶器で1974年から1979年からのように、一般的には殷王朝に属しています。粗粒度マルチ縄文、バスケットパターンであり、その多様性と北、市松、円パターン、モチーフ、パターン、のパターン、カイコのパターン、花びらパターン、ロープ線やギザギザの線や他の組み合わせの装飾を巻くとインド、少数ダイ弾圧を破った結果である。テキストが刻ま多くのポット肩や側面があります。これらのパターンは、救済とDaoke味の異なる感覚で、きちんとした、大胆な、一般的に粗いビート深く、強力なペンナイフが簡単です。陶器の紋章は、陶器の多数の幾何学的なプリントを印刷し、我々はそれらのいくつかは装飾が死ぬことがわかった連続または4つの連続した??二次会基本単位のパターンかもしれない独立機関、。それは独立した場合、それは一方の当事者が装飾の認印通販を持っています。インドの陶器の第3段階として、江西Qingjiang呉で市はもっと緩くから、2よりも字バンプパターン "戻る"、、大きな体で発掘、それは、2つの独立した単量体を組み合わせたようなものです。具体的には、 "ベクトル"の文字のような刻印点パターンの横にあるサークルで飾ら字型バンド "F"、、、Qingjiangでさらに独特の自立、九江秀水があり、YIFENGは古代遺跡などを発掘スタンプハード陶器だけでなく、パターンにエンボス加工された便利な "フィールド"を見つける。浙江省の中央に丘市、福州フローティング村と他の場所は撮影プリント "フィールド"のパターンを発見した。

黒とは? 黒は灰色で、表し、これに、数学の周りのルール、陶器のポイントとラインの重複、物理数を残す徐々 に今する能力を持っている人々 の ... 彩文土器を代表的遺物とする「仰韶文化」と、これに続き、黒陶を代表的遺物とする「龍山文化」

龍山文化の特徴は、高温で焼いた灰陶・黒陶を中心にした陶器の技術の高さにあり、器の薄さが均一であること
灰陶、彩陶、黒陶、白陶を創始した中国民族華夏人

陶器では高温で焼いた黒陶、灰陶なども出土していて、土器片の中には、刻画文や刻画符号などが刻まれている
還元炎焼成も試みられ、灰陶や黒陶ができるようになり、さらに窯を高温にすることによって磁土を原料として使うことが可能となり、白陶が作られるようなります。 灰陶は、還元炎で焼成された灰青色の土器です。

高温で焼いた黒陶、灰陶なども出土した。土器片の中には、刻画文や刻画符号などが刻まれているものもあった。
黄河流域の山東省と江蘇省北部一帯に分布しています。

「豆」は中国古来の高坏(たかつき)状の皿・鉢で、食器、または祭器として使用

古代中国で天神儀式に用いられた。

古代中国の「天圓地方」(天は丸く、地は四角い)の宇宙観を表したものである。 内壇の内側は、南北 ... こうして昔の人々は、神殿を建て、天神を祭り、圜丘(円形の壇)を造り、盛大な祭天(天を祭る)儀式を執り行って、天神の加護を祈った。
天を祭った場所である。

古代中国の「天圓地方」(天は丸く、地は四角い)の宇宙観を表したものである。

中国人は昔から、「天」は至上のものであり、万物を支配するという最高権威と考えてきた。皇帝は、「天命」を受けた「天子」であった。「君たる者は、天を父とし、地を母とし、民を子とする。

説明のつかないことを「天意」と言うし、旗を掲げて一揆を起こす者たちは、「天に替わって道を行う」と気勢をあげる。「天意」に背いて行えば、天が怒って「天譴」(天罰)をくだし、自然の前の人間は、「天命」に従うほかない――。こうして昔の人々は、神殿を建て、天神を祭り、圜丘(円形の壇)を造り、盛大な祭天(天を祭る)儀式を執り行って、天神の加護を祈った。

人々は天に祈願ができたが、天を祭るのは天子だけの特権だった。中国の正史『二十四史』の「帝王本紀」に、祭天儀式の様子が毎年のように記載され、三皇五帝(中国の伝説上の帝王たち)が盛大に執り行ったと今に伝える。
現存する祭天台は、最古のもので6000年の歴史をほこる。2000年以上前に編まれた礼書の『周礼』には、祭天の儀礼制度が示されている。

祭天活動は、封建制の社会では一貫して行われていた。

三礼(サンライ)とは
三たび礼拝すること。2 中国で、天神・地祇(ちぎ)・人鬼を祭る三つの儀式。さんれい。3 稽首(けいしゅ)・跪(き)・揖( ... 中国,古代の作法や制度について記した三種の書物の総称。「周礼(しゆらい)」「儀礼(ぎらい)」「礼記」

《周礼》は《周官》ともいい,理想の官制をしるした行政法典。《儀礼》は士人階級の冠婚喪祭など宗教的政治的儀礼の集録。《礼記》は礼の精神や理論および解説を記した書。
中国で,天神・地祇(ちぎ)・人鬼をまつる三つの儀式。さんれい。
死者に対する葬礼は細微な点に及んで複雑である。それは,危篤が確認されたときから始まり,儒家の経典である《儀礼(ぎらい)》《礼記(らいき)》《周礼(しゆらい)》の三礼(さんらい)に基づいて進められる。

中国古代の神は, 伝統的には天神~地祇-. 人鬼の三種に分ける

古代中国の雨乞いの儀式のやり方を教えて下さい。
皇帝(天子)は、その歳の気候の安定を祈り、特定日に都にある雨、風を祀る廟に祈りを捧げます。その際の犠牲は羊・豚で、柴の上に置き燻し、煙を天に昇らせます。しかし、旱魃などの自然災害が発生すると、それは皇帝の祈りが足りないとして、皇帝は食事の御膳の数を減らし、身を慎みます。「減膳」と云います。
また、各地の名山や大河に於いて、酒、牛・羊などを捧げて祈祷します。公主が生け贄になることはありません。

『通典』巻120・吉礼12には、旱魃・長雨などの際に「太廟」「太社」「嶽鎮」に祈る儀式の次第が詳細に記述されています。

封禅とは〝王の代替わりに行われた儀式” ではありません。王の治世が充実した時に天に報告するための儀式です。

<封禅とは、受命の王者がその成功を天に告げる祭祀であり、泰山に壇を築いて行う。臨時に行われる非常の祭祀であるので、同じく天を祭る常祭である郊祀とは区別され、王朝の基礎が固まってから行われる点で、王朝の設立を告げる告天祭天の禮とも相違する。

(むかし孔子が仰ったように)泰山の神が林放よりも禮をしらないとでもいうのか。どうして(封禅を行ったといわれる古の帝王の)七十二代の記録を汚すことができようか。

『史記』巻十二 封禅書(読み下し)
上、諸儒及び方士の封禅を言うこと人人に殊なり、不経にして施行し難きを念い、天子梁父に至り、地主を禮祠す。
侍中、儒者をして皮弁し薦紳し、牛を射て事を行わしむ。泰山の下の東方に封ずること、太一を郊祠する禮の如くす。封の広さ丈二尺、高さ九尺、其の下には則ち玉牒書あり、書は秘せり。禮はおわりて、天子独り侍中・奉車の子侯と共に泰山に上り、亦た封ずる有り。其の事は皆禁ぜり。
明日、陰道より下る。
泰山の下阯の東北の粛然山に禅すること、后土を祭る禮の如くす。
天子、皆 親しく拝して見ゆ。衣は黄なるを上び、而して盡く楽を用ふ。江淮の間の一茅三脊あるを神藉と為し、五色の土を益し雑へて封ず。遠方の奇獣・蜚禽及び白雉・諸物を縦ち、頗る以て加禮す。兕・牛・犀・象の属は用いず。みな泰山に至りて然る後にはなつ。封禅の祠に、其の夜、光有るが若し。昼、白雲有りて封中より起る。

二十二日の明け方、天を泰山麓の南方で燎祭(柴を焚き煙を天に届かせる、燔燎とも言う)。楽奏は南郊と同じ。
2)別に泰山禮祭を行う、犠牲(角の生えかけた仔牛)を供え泰山に告祠。
3)朝食時頃に、皇帝は輦に乗り、群臣は徒歩で泰山に登る。
4)正午過ぎに山頂に至り衣服を着替える。
5)夕方、位につき壇について北面、群臣は席次に従い皇帝の後ろに並ぶ、西を尊位とする。
6)皇帝は壇に登り尚書令が玉牒と石檢を捧げ、自ら玉璽でこれを封じる。
玉牒:天地の神が宗室に与えた支援に感謝する文を刻む。
石檢:玉牒を納める石函、更に外函に収納し封土で覆う。
7)太常が人に命じて壇上の方石を開け、尚書令が玉牒書を納め、石蓋で覆い、石檢を封印。
8)祭事が終わると、皇帝は再拝、群臣は万歳を唱え、皇帝の業績を記した石碑(泰山刻石)を立てて山を下りる。


中国北部、陝西(Shaanxi)省にある4000年以上前の都市遺跡「シマオ遺跡(Shimao Ruins)」で、80個以上の若い女性の頭蓋骨が発掘され、考古学者らはいけにえに捧げられた可能性があるとの考えを示した。


 

天神(天円てんえん地方)に、だけ、使われていた、葬祭儀式の華夏(夏后)の送り方(宇宙観の中庸)について、述べる

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 6月11日(木)09時22分35秒
編集済
  天神(天円てんえん地方)に、だけ、使われていた、葬祭儀式の華夏(夏后)の送り方(宇宙観の中庸)について、述べる。
中国古代?数符号?数等几何?刻划はどのような意味があるのか?

土器芽における数学の周りのルール、日本の古墳もこのやり方で、朱雀白虎の如く。須恵器卜占三角縁神獣鏡と同じ卜占として用いていた。

「三角縁神獣鏡(さんかくぶち・しんじゅうきょう)」と呼ばれる青銅製の鏡です。
論文では、中国・河南省の洛陽市で見つかったと報告されています。
「2009年頃、現地の骨董市で農民から入手した」と説明
論文を書いたのは河南省在住のコレクターで研究者でもある王趁意さん。
王さんは鏡について「2009年ごろ、当時、洛陽最大の骨董市で、 2015/03/02 07

市郊外の白馬寺付近の農民から譲り受けた」と説明する。
正確な出土地点はわからないという。
洛陽最大の骨董市? 洛陽最大の骨董市で、市郊外の白馬寺付近の農民から譲り受けたもの 。

今回の発見 三角縁神獣鏡が中国で発見!

・・・朝日新聞記事を要約すると

・河南省在住のコレクターで研究者でもある王趁意氏が発表

・2009年頃、洛陽最大の骨董市で、市郊外の白馬寺付近の農民から譲り受けた

・正確な出土地点不明

・鏡は直径18.3cm/厚さ0.5cm

・参考:奈良県御所市鴨都波古墳から出土の三角縁神獣鏡(PHOTO)がほぼ同径

中国洛陽の白馬寺 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E9%A6%AC%E5%AF%BA_(%E6%B4%9B%E9%99%BD)

後漢明帝が金人を夢にみ,使いを遣わして仏法を天竺に求めさせ,天竺より招来した仏僧摂摩騰,竺法蘭のために,67年(永平10)に創建したと伝えられる。http://4travel.jp/travelogue/10696389


?華夏は、灰色硬質土器に、陶器のポイントとラインの重複、物理数を残す徐々 に今する能力を持っている
人々 の大きい数を持っている人々 の概念を推進ドットと実際いるの操作ではなく線で直接実施することができます。

これは宇宙の原理に基づいている。



中国洛陽の白馬寺の仏も、同時期の地の原理に基づいて、落慶している。日本の古代の仏も地の原理に基づいていた。
このような、天神や貝合わせの原理に基づいて、いる。

龍山文化記号の周り黄色川地域の下流とシンボルは黒です。
日本も同様です

土や焼き物は重要なシンボルは、中国では、陶器文化定義龍山文化は黒で単に定義された仰韶文化の歴史の中で歴史的な期間を定義します。

弥生土器の紀元前 百十一年~3 世紀iに表示されるまで続けています。それ以降は、地だけの、能力なし、非現実的の、インド仏式に、なっていた。

黒は灰色で、表し、これに、数学の周りのルール、陶器のポイントとラインの重複、物理数を残す徐々 に今する能力を持っている人々 の大きい数を持っている人々 の概念を推進ドットと実際いるの操作ではなく線で直接実施することができます。それは天の運命にある。

宇宙 ? 自然について

他人が勝手に能力を規定して可能性まで否定するのは全然違う? 憲法とは他人が勝手に能力を規定している

宇宙ないし自然界を構成するのはもちろん物質である>

宇宙などの物理を創生した、天神(天円てんえん地方)

古代の青銅鏡や祭祀用土器が見つかっている。天神(天円てんえん地方)


国民が権力者たちに騙され続け、非常に苦しい生活を強いられている。ヒーローのように称えている人。大国のリーダーが影武者によって演技された政治・外交ゲームに私たちはみな騙されているということに中々気が付かない人が多くいるということです。





 

須恵器に、卜占(浙江省河姆渡遺跡の春秋時代の遺跡にも、同じ数字のヘラ書き符号が、須恵器の謎を、明かしていた事が解った

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 5月 9日(土)18時12分15秒
編集済
  児島宮考古学研究室では、歴史年代が、間違っている事を、須恵器(中華では灰色硬質土器)のヘラ書き符号、が、日本では六世紀以降としているのが?文化財報告書の、福岡県名内の遺跡で夜須から日田の須恵器に、卜占(浙江省河姆渡遺跡の春秋時代の遺跡にも、同じ数字のヘラ書き符号が、須恵器の謎を、明かしていた事が解った。「大発見となった」

http://www.city.fujiidera.osaka.jp/rekishikanko/kodaikaranomesseji/kodaishinonazo/1387326900495.html

藤井寺市教育委員会事務局教育部 文化財保護課の天野氏と、五世紀後半の一応須恵器と、して、お尋ねして、、見せていただき、資料の須恵器の頸に刻まれていた、ヘラ書き符号の、須恵器のコピーも、お送りいただいた。
これがきっかけと、なって、
福岡県名内の遺跡で夜須から日田の須恵器と藤井寺市の古墳や窯跡から、発掘された、須恵器の頸に刻まれていた、数字が一致していた事が確認できた。

ここで(中華では灰色硬質土器)のヘラ書き符号について、述べておこう。
(灰色硬質土器)のヘラ書き符号数字は、浙江省河姆渡遺跡の春秋時代の遺跡よりも、前の時期、の土器の頸に刻まれて、いた事を、児島宮考古学研究室が突き止めた。
ここにその画像を付けておく。

http://www.360doc.com/content/14/0408/11/396135_367212706.shtml

中国古代?数符号?数等几何?刻划

仰韶彩陶中的数学萌芽仰韶土器芽における数学の周りのルール
仰韶文化の数字は須恵器に、卜占 三角縁神獣鏡と同じ卜占として用いていた。


陶器のポイントとラインの重複、物理数を残す徐々 に今する能力を持っている人々 の大きい数を持っている人々 の概念を推進ドットと実際の操作ではなく線で直接実施することができます。 菊の塗られた陶器盆地、ARC の三角形のパターンおよびしゃれと利用できる限られたスペースのパターン設計のための花弁の仰韶文化の Miaodigou 遺跡

西安半坡遺跡出土の彩陶上の符号は祭器として用いられていた。

龍山文化記号の周り黄色川地域の下流とシンボルは黒です。
日本も同様です。
土や焼き物は重要なシンボルは、中国では、陶器文化定義龍山文化は黒で単に定義された仰韶文化の歴史の中で歴史的な期間を定義します。
弥生土器の紀元前 3 世紀が表示されるまで続けています。

これにより、日本では古墳時代~六世紀以降では、なかった事が解ります。弥生土器須恵器土師器は3 世紀迄。水稲栽培における備蓄食料や弥生時代の家畜を導いた。  3 世紀の時代に続いた後 - 第 3 世紀頃から時代ハード赤土鍋蕩文化的シンボルの具体化を始め、日本の稲作は。



 

日本の古代の歴史を、全面改訂しなければ、日本の真実の歴史は、無き者に等しいとなるだろう

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 4月15日(水)09時31分15秒
  ありもしなかった?今日までの、教科書並びに、書店に、売られている古代の日本論は、文部省文化財の認可下で、しか、載せられては、いない。

今の日本を見るに、すべて、認可が左右しなければ、唯一ならないと、なっているのは、日本全体が精神が、腐れている、となっている。
日本はどこかの時点で、間違っていた。

福岡県内の若宮遺跡からも、出土していた灰色皇室土器「須恵器」にも、文化財課が見落としていたのが、
象形文字、の児島宮考古学研究室では、数字であると、発表した。

だが遺跡の年代は、考古学会の、五世紀後半と推定していて、ここに時代、の錯誤が、はなはだしく、見落としていたと、児島宮考古学研究室が公表した。

インターネットだからこそ、真実の古代が、発表されたのは、日本の歴史が、全面改訂しなければ、日本の真実の歴史は、無き者に等しいとなるだろう。

ここに考古学会が、「須恵器」の再考察を、やらなければ、日本の歴史とは、ならなくなる日が、、近い日、すぐの時点に、なるだろう。

日本の原点が、あまりにも、年代錯誤がありすぎる。
考古学会の九州歴史資料館の学芸員は、私に、時代が間違っていれば、認めれば、考古学会の信用は、まるつぶれとなり、と、真実は、認めれば、考古学会の信用は、まるつぶれとなり、と、語った。
たが、このままだと、日本の原点は、無いという事になり、このほうが、学術さえも、信用が、なくなるのだが。ネット上でも中国や河姆渡遺跡が、日本の原点と、研究者?は、立証がない、事を、しているに等しい。ここに、河姆渡遺跡と日本人の、つながりは、無いと、考古学会は、している。

ここで、児島宮考古学研究室発表の稲作と、日本の稲作のつながりは、他には、日本には、いないと、なっている。以降は児島宮考古学研究室発表の、河姆渡遺跡と、なった。
そういえば、早稲田大学も、河姆渡遺跡と日本の関係は、ないと断言しているに、なった。
児島宮考古学研究室が梓書院から、発行の、 「豊葦原国から邪馬台国夜須へ」中に、発表後に、河姆渡遺跡について、掲載したのは、立証ない、と、考古学会は、釘をさした。

これからの、日本と河姆渡遺跡の関連に、語ると、著作権の違反になると、児島宮考古学研究室。

考古学会による河姆渡遺跡と、日本の稲作の伝播は、ないと、考古学会の九州歴史資料館の学芸員は断言した。以降の河姆渡遺跡と、日本の稲作の伝播は、児島宮考古学研究室の認可が必要となった。
マスコミも、今後は、河姆渡遺跡と、日本の稲作の伝播は、児島宮考古学研究室の認可が必要となった。

それは、河姆渡遺跡と、日本の稲作の伝播は、児島宮考古学研究室だけと、なった、考古学会及びマスコミも、今後は認可が必要となった。
 

鬼神に反してた、鬼らを退治する事

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 4月 8日(水)18時36分27秒
編集済
  とは乗り込んで鬼らを退治する事である「児島宮考古学研究室」
通じたというのは、天に通じると同語。
日本には、かたりもの、が、悪さをしています。
之を退治して、人間は便利になった。
おにやらいと、いう風習があるが、

追儺(ついな)とは、大晦日(12月30日 (旧暦))の宮中の年中行事であり、平安時代の初期頃から行われている鬼払いの儀式。「鬼やらい」(鬼遣らい、鬼儺などとも表記)、「儺(な)やらい」とも呼ばれる。
これは天円地方から来ている。

それは天円地方の用具が灰色になっているのが、灰色とは=
犯罪の容疑者について、有罪のことをクロ、無罪のことをシロとし、疑わしいが証拠が十分ではない場合を灰色(またはグレー)と表現する。


言葉。転じて美しい処女時代を通り過したとか、ジミ過ぎる世帯女房らしいとか、陰鬱とかの意味に用ゐられてゐる。女学生間の通語。
平安時代の疫鬼追放式、追儺 1については先行論文2がいくつもある。

鶴のおんがえしの物語は、とうとう見てしまったので天に帰った。

 

日本語、のはじまり

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 3月18日(水)08時32分5秒
編集済
  かむ、はかりに、はかりたまいて

文明とは、日本語、の「訓読み」で開かれた。

日本語、の、はじまりは、
カナ文字、が日本の象、を使い、夜須、で、作られ、始まっていた。

文字の始まりが、日本の始まりとなっていた事がわかる。

文字は、漢文が紀元前百十一年以前には、まだ使われていませんでした。

須恵器が日本の始まりと、いたずらにも、度を越えていた。須恵器が日本に、始まったのは、五世紀後半に、朝鮮半島から、日本に渡来したと、あるが、
間違っては、いけない。

児島宮考古学研究室では別の視点から、解説しております。
通常は、朝鮮半島から、もたらされたと、前置きしているのは、日本というのが、出ては、いません。
ここで、大切なのは、日本の始まりは、朝鮮半島から、もたらされたと後になる?

児島宮考古学研究室で取り上げている、日本のはじまり、が、紀元前百十一年と、したのに、視点とする。

日本の古記録は、児島宮考古学研究室、により、提示の外、歴博の今村峯雄教授によって、紀元前五百年から、さらに八百年前としたのを、
児島宮考古学研究室と歴博の今村峯雄教授との、電話対談により、弥生年代が、確率したと、している。

それは児島宮先祖から、時代年号を、かむはかりにかけて、計測したのが、今村峯雄教授との、電話対談であった。今村峯雄教授との、電話対談で教授室電話は四本あったと、聞いていた。

今村峯雄教授との、電話対談により、弥生年代が、確率以外の年号は、視点が無く、憶測にしか過ぎない。

ここで弥生年代は定説では無い、近代に、あてはめた、年代のことであった。

定説とは?
疑いのないこと。決まっていること。
てい‐せつ【定説】
一般に認められ、確定的であるとされている説。「―をくつがえす」「学界の―」
ていせつ【定説】
正しいと認められている説。 「 -をくつがえす」

あてはめられるか、にあります。



 

卑弥呼は鬼道(きどう)に通じていた

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 1月18日(日)10時05分37秒
編集済
  卑弥呼は鬼道(きどう)に通じていた魏「志倭人伝」


卑弥呼は鬼神と通じた霊媒(シャーマン)と、皆は思っているが、ぜんぜん解釈が、できていない?
鬼神とは邪悪の事であり、源の雷光の鬼の巣屈に乗り込んで鬼らを退治する事である「児島宮考古学研究室」
桃太郎も鬼道(きどう)に通じていたの人の作であろう。


卑弥呼が鬼神に事え、能く衆を惑すとは衆に説いたという意味゛である。今も同じように、考えているのではないだろうか?衆はこの時期に理解できていなかったのだろう。
名を卑弥呼という。以上の内容が、中国の歴史書『三国志』(魏志倭人伝)や中国の正史『後漢書』「東夷伝」に記述されている。

「其國本亦以男子爲王住七八十年 倭國亂 相攻伐歴年 乃共立一女子爲王 名曰卑彌呼 事鬼道 能惑衆 年已長大 無夫婿」

卑弥呼は、狗奴国とあわないと倭人伝に書かれている。ここで狗奴国とは?になるが、それは朝鮮半島の、狗奴国という意味である。
狗奴国は「女王に属さず、素より和せず」狗邪韓国を倭国の西北端と記述している





卑弥呼の「鬼道」は道教的なものではなく、越の俗人が信仰した「鬼神」である。
『魏志倭人伝』の著者である西晋の陳寿(二三三~二九七年)は、二八〇~二九七年の間に『魏志倭人伝』を記録してます。

この鬼道について本居宣長は安永七(一七七八)年に、『馭戎概言』(ぎょじゅうがいげん)を著し、このなかに鬼道とは古神道と解釈しています。

古朝鮮といわれる時代から三国と並行して、扶余・沃沮・伽耶・于山国・耽羅国などの小国や部族国家がありました。
昔からその使いが中国に来ると自らを太伯の後という」、とあります。ここで児島宮考古学研究室しか、できないので、
児島宮の系統を、解釈しないと、関係は出てきません。
児島宮の系統を、調べると、その先はウガヤ吹き合えず尊(武夷宮丑王)とあり又その先について夏王朝の『夏后』と述べています。
ここで中国の殷について、らなければ、解りません?
殷の紂王というのが、殷族の中の周という国に滅ぼされる事があり、倒したのは、周王の后(『夏后』の女との間の男が武王)、といいます。
ここで中国の『魏志倭人伝』が明らかにしているのが、
日本の正史、である、卑弥呼皇后という、ことです。
その中で、
昔からその使いが中国に来ると自らを太伯の後という」、とあります。
太伯の後とは?周王の后(『夏后』の女との間の男が武王)、という事。

これが中国の春秋時代の越国と呉国の戦いで、知られる越王勾践と夫差との戦いで、越王勾践が、児島宮の祖となっている。
呉国というのは、自らを太伯の後であるを、覚えてください。
それと付け加えると、日本の紀元何年というのは?越王勾践系の無予王から、数えた年号です。


このように児島宮を、知らないと、中国と日本の、繋がりは解らなく、なっているのです。
今の天皇さんの祖先は、日本の天皇とは無関係、満州族始まりですので、事実の、つながりは、ないのが現状に、なっている。



 

「腐敗を根絶しなければ国が滅ぶ」

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2014年12月28日(日)14時00分46秒
  「腐敗を根絶しなければ国が滅ぶ」

古きもの滅ぶ 新しくものやがて、、古くなりて、また滅ぶ、新しきものまた滅ぶ、

文献資料を正確に判読し、はじめに 譬 ( たとえ ) として、眠っている師子は手を触れなければ怒ることはなく、流れも 竿 ( さお ) を立てなければ波は立たない。
今日、不正直な為政者たちの腐敗堕落は国家的危機の招来を予感させ、誇り高き日本国民の 嘆 ( なげ ) きとなっています。
http://www.nichirenshoshu.or.jp/page/jpn/p-deta/kyogaku/gosho/014.htm

「歴史を学ばない国は滅ぶ」
 

世の中の悪を、なくすのが、鬼神退治である。 児島宮刊行会著作制作 禁

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2014年12月14日(日)18時53分54秒
  ルーツは漢 武帝時代のエンセイがおこなつた鬼神の駆使の道術

奴婢百余人を殉葬したとされている

鬼神をたたいた神功皇后とは、鬼神山とは?
世の中に荒ぶる憲法 記録事実抹消此れあり、世の中が乱れた。

はじめ、中間 終わり解決

これに、はじめ、中間までを、鬼神とする。

鬼神は、今の憲法や政治と同じ、人々を困らせるので、終わらせる事。

水戸黄門のように、鬼神退治を、神功皇后は、した。
特に朝鮮征伐は、世の中の鬼神退治する事。
世の中の悪を、なくすのが、鬼神退治である。 児島宮考古学研究室 禁

桃太郎の鬼神退治



 

レンタル掲示板
/2